TOP > 社会 > 働き方改革、中学の部活200削減 福井県教委、教員負担減へ方針 | 学校・教育 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

働き方改革、中学の部活200削減 福井県教委、教員負担減へ方針 | 学校・教育 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

26コメント 2018-12-11 07:46 | 福井新聞キャッシュ

福井県教委は、過労死ラインの月80時間以上残業する公立校の教員を2021年度までにゼロにする学校業務改善方針の骨子案をまとめ、12月10日に開かれた県議会総務教育常任委員会に示した。中学校の部活動数削減や教員の退校時間設定など働き方改革を進める。現在920ある中学校の部活動数は、教員数の2分の1を目安とする方針。単純計算で全体で200部、1校当たり三つの...

ツイッターのコメント(26)

部活を削減ってはっきり言ってくれている。かなり昔の記事なのでこの効果はどう出たのでしょうか

ただ1つの部活を担当する教員が複数いても負担が分散されないことが起こり得るのですよ…そこを現場を統括する方々にわかっておいてほしいです
@fukuinpmedia
、中学の部活200削減 @fukuinpmedia

よくよく考えたら平日は普通に働き、休日は部活で…って週休2日制が浸透してる中では異常な働き方
ひとつの考え方。
中学校教諭の残業時間が平均74.5時間て異常でしょう。不慣れで雑務の偏る若手に至っては80時間を優に越えているのが想像に難くない。部活動の縮小はどの自治体もこれから取り組まな...
はいはい、負担減の皮を被った制度化ですね。そして問題の本質には手をつけず、先送りの現状維持。いつものやりかたですね。うんざりです。
こういう発想は大切。
英断は評価します。
ただし、よく読むと部活動の数を教員数の半分にして、一つの部に顧問と副顧問を配置するという考え方。
全員顧問制が維持され、むしろ強化される(就任を断れない)根拠になる可能性もあります。注意が必要です。
動き出した。いい流れ。
>教員数の2分の1を目安とする方針
>一つの部を少なくとも正副2人の顧問が分担する体制
うーん、やっぱり全員顧問制を想定しているんだよね。。。
福井、本気だしてきてる。
部の種類を減らすと、「どの部もいや」という生徒が当然出てくるが、どうするのかな?強制入部で不登校激増? ノー残業デーは週5日にすべき >
なんか違和感あるなー
えっすごい。
教員してた頃も、他校の先生が、子どもの数も教員の数も減ってるのに、部活の数が減らないの…って嘆いてたな…
こんな案うちの県ではでない。すごいなぁ。
現在920ある中学校の部活動数は、教員数の2分の1を目安とする方針。単純計算で全体で200部、1校当たり三つの部の削減となる。

ハードな部活動だけ残りそうな気がするのは、私だけ???
難しいね。都道府県レベルで方針を打ち出して実行するというところはずらしいと思う。

しかし、これって結果的にめじゃー

@fukuinpmedia
これはすごい。分かりやすい。
ん?

>このほか退校時間を小学校で午後7時、中学校と高校で午後8時に設定

ん!

>すべての県立学校とおおい町の小中学校で導入している成績処理などの校務支援システムを、県内全小中学校に導入する
県教委も具体的に動き出してるとこはありますね。
部活の数にも踏み込んだプランは、ぼくは初めて見ました。前回の中教審でも指摘しましたが、データをみると、教員数と比べ部活が多いままというのは、注目したいことです。
部活動を過度に推奨せず生徒の加入強制性を排除すれば単に放課後の生徒の居場所化しているような実ニーズの無い部は廃部してしまうだろうし、吹奏楽部や音楽部も部員数は半減し存続できる部も半数程度になるだろうと思う。ゴメンね、丸チャン・岸チャン…
「現在920ある中学校の部活動数は、教員数の2分の1を目安とする方針。単純計算で全体で200部、1校当たり三つの部の削減となる」

福井県の取り組み。
教師って昔からこんなに過酷な仕事だったの…?っていっつも思う。
「公立中の教諭1450人に対し、部活は73校に約920部あった」


日本の法律は良い部分と悪い部分をいつも抱き合わせにしているのが問題。

限られた時間の中で成果を上げられるような工夫が生まれるとよいですね
労働時間削減するのは良いけど、こんな金太郎飴みたいなやり方で良いのだろうか / (福井新聞オンライン)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR