TOP > 社会 > 性犯罪抑止へ「盗撮罪」新設を提案 犯罪被害者支援弁護士フォーラム | 社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

性犯罪抑止へ「盗撮罪」新設を提案 犯罪被害者支援弁護士フォーラム | 社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

10コメント 登録日時:2018-09-09 08:17 | 福井新聞キャッシュ

全国の弁護士有志でつくる「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」は9月8日、東京都内でシンポジウムを開き、刑法に「盗撮罪」を新設するよう提案した。盗撮を処罰する迷惑防止条例は自治体によって異なる上、私的な場所での盗撮は摘発できないケースがあると指摘。「盗撮や画像拡散などに対して、深刻な被害実態に見合う、より重い規制をすべきだ」と訴えた。 「性犯罪のない社会を目指し...

ツイッターのコメント(10)

そう。だいたい迷惑防止条例か軽犯罪法の適用で刑罰が軽いので、シャレにならないくらい再犯が多いのに治療へ繋げられないという問題点も。
犯罪化して罰則をつくるとしても『盗撮』の論立てで良いのかなあ……議論気にしたいですを / “ | 福井新聞ONLINE”
”盗撮を処罰する迷惑防止条例は自治体によって異なる上、私的な場所での盗撮は摘発できないケースがあると指摘。「盗撮や画像拡散などに対して、深刻な被害実態に見合うより重い規制をすべきだ」と訴えた”
/
電車の中でカシャカシャシャッター音鳴らしてる人は盗撮罪適応かな?公共の場ではシャッター音消そう
盗撮自体を処罰する法律がなく、住居侵入罪で対応しているから、隣家の敷地から自宅内を盗撮された人は、隣家が被害届を出してくれないと詰むんだぜ。で、被害弁償は隣家に払われる。おい!裸を撮られたのワシや!って思うよなあ。
トイレや浴場など以外の衣服を脱がない場所では、「のぞき見」を禁じた軽犯罪法にも当たらないとした。   | 福井新聞ONLINE
昨日行われていて、芝居予約してなかったら行きたかったシンポジウムの記事
上川陽子法相も聴講。
“衣服を脱がない場所では、「のぞき見」を禁じた軽犯罪法にも当たらないとした…深刻な被害実態に法律が追い付いていない。刑法でしっかり刑罰を科し犯罪抑制につなげるべきだ“
これは重要な立法。証拠収集との兼ね合いがどうなるかも楽しみだな〜。

「盗撮罪」新設を提案
土門拳や木村伊兵衛の頃にはインターネットはなくて写真が拡散されることはありませんでしたが町のスナップ写真に人が写っているのは普通のことでした。
今なら盗撮です。
以上

記事本文: 性犯罪抑止へ「盗撮罪」新設を提案 犯罪被害者支援弁護士フォーラム | 社会 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE