活況総裁選に福井県内の野党焦り 衆院選へ支持率上向かず 識者「無党派層に主張響いてない」 | 政治・行政 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

3コメント 2021-09-26 18:04 福井新聞

自民党総裁選(9月29日投開票)に世間の耳目が集まる傍ら、必ずしも存在感を示せてはいない福井県内の野党は焦りを募らせている。直後に控える衆院選に向け、各党は「政権の選択肢」としてアピールを続けるが、支...

ツイッターのコメント(3)

しかし、会見を見た立民福井県連の幹部は肩を落とした。公約のうち3項目が森友・加計学園、桜を見る会問題など、安倍・菅両政権の疑惑解明に関するものだったからだ。「また政権批判かという印象。もっと日本の明るい未来や夢を語ってほしかった」

身内からの指摘正しすぎる
衆院選へ支持率上向かず 識者「無党派層に主張響いてない」 立憲民主党は馬鹿しかいないから。
衆院選へ支持率上向かず識者「無党派層に主張響いてない
花火一発上げて後は音沙汰なし。しかも自らではない市民にお膳立てして貰わなければ動けない。そりゃ野党共闘も進まんよ。共産党アレルギーは有権者含めて立民、国民議員だけなのに。
以上
 
PR
PR