明治時代のコレラ流行どう終息させた 集会のほか水泳や古着売買も禁止に | 社会,医療 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE

15コメント 2020-05-07 07:50 福井新聞

ツイッターのコメント(15)

>時代背景は大きく異なりますが、いま私たちが歴史から得られる教訓はあるかもしれません

それも教訓から学べる人が多くいてこその話なので…
「コレラ感染を広げる水に注意するため水泳の禁止、7月24日には古着の売買などが禁止されている。」
人の集まりを禁止した県令がでていたそうな。明治時代にできてたのだから各知事の権限でやればいいじゃん。
コレラは江戸、明治に流行。明治の対策→自粛徹底とクラスター対策=要は緊急事態宣言。2021年の対策がコロリの頃と同レベル…と思ったら、もっと恐ろしい内容が!江戸では病で陰気になる社会に勇気を与えるため祭事を推奨!現政権は江戸幕府か?
江戸時代の話この記事でした。
『当時はコレラ発生の詳細な原因は分かっておらず、治療法も確立していなかったこともあり、人々が医師や警察の処置に疑念を抱いたという。』
「明治19年のコレラ流行は、5月29日に県内で最初の患者が発生し、同年11月ごろに終息した。10月28日付の新聞では、人の集まりを禁止した県令が10月26日付で撤廃されたことを喜び、若者たちがのぼり旗を立て、そろいの手ぬぐいを配ってお祭りを開いた…」
今も昔も変わらない。やることは一緒
当時の福井で収束に半年きゃ…
今も昔も、すていほーむ
日本は江戸期まで戻ったわけか、安倍政権で
 疫病対策
 ↓
江戸期と明治期では、患者への対応に大きな違いがありました」と県文書館の柳沢芙美子副館長は話す。「明治期には、患者を隔離する対策が取られたことが史料でうかがえます」
昔も今も、
やってることはほとんど変わらない。

ハイテクになろうと
未知に対してはローテクから。
勝山藩はコレラ流行を打ち払うため10カ所で大砲計41発を放ったという話、どっかの国みたいだな
まさかの明治以下)

| 福井新聞

明治12年の流行後、コレラ発生に備え患者は原則として避病院または仮病室に収容すること、交通を遮断すること、汚染源の消毒を行うことなどが定められた。
明治19年のコレラ流行は、5月29日に県内で最初の患者が発生し、同年11月ごろに終息した。10月28日付の新聞では、人の集まりを禁止した県令~~
以上
 
PR
PR