TOP > 科学・学問 > 日本医療研究開発機構(AMED)障害者対策総合研究開発事業 神経・筋疾患分野「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班 ホームページ

日本医療研究開発機構(AMED)障害者対策総合研究開発事業 神経・筋疾患分野「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班 ホームページ

45コメント 登録日時:2012-07-23 00:03 | 教育・学術機関(ac.jp)キャッシュ

慢性疲労症候群(chronic fatigue syndrome: CFS)とは、これまで健康に生活していた人がある日突然原因不明の激しい全身倦怠感に襲われ、それ以降強度の疲労感と共に、微熱、頭痛、筋肉痛、脱力感や、思考力の障害、抑うつ等の精神神経症状などが長期にわたって続くため、健全な社会生活が送れなくなるという病気です。1988年、米国疾病対策セ...

Twitterのコメント(45)

リンク違い再々掲載。。
先程のpdfはmeactionさんの最近の主要な論文まとめですが、他の客観的な異常については下記URL 関西福祉大学の記事、最下段辺りでも確認できます。 他にも脳の帯状回の血流低下などの脳内や免疫系の異常など無数にあります。
慢性疲労症候群・筋痛性脳脊髄炎
EBウイルスなのか何なのか・・・
まだまだ分からないことばかり

関西福祉科学大学
ME/CFS患者を対象とした神経炎症を調べるPET検査の被験者の募集
@konomi_q 研究班のサイトからと研究班班長が主治医ですが、当人から聞いてます。
慢性疲労症候群についてCFS研究班班長を努められる倉恒先生の説明です。
慢性疲労症候群
そういえば
「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドライン」
ってどうなったんでしょ?発表見落としてたかな??
それとも啓発月である今月にドーンと大発表があるのかしら??
@ikeko524 ざっと見てみましたが、ここが一番詳しく説明されていると思います。
重要なお知らせ
ME/CFS患者を対象とした神経炎症を調べるPET検査の被験者の募集
「このような重症のCFS患者の多くは、家族の支えにより何とか生活をしているのが実態であり、最低限の国民生活を営むためには社会的な支援が必要であると思われます。」
@skonako 現在パブリックコメント募集中ですので皆様が意見を伝えることができます。よろしくお願いします。
@packraty @CFSnon 参考までに研究班のURLを載せておきますね。
この中の倉恒先生のご挨拶の部分に病名併記について書かれています。
貴重なご意見ありがとうございます☆
「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班 代表研究者:倉恒弘彦(関西福祉科学大学、大阪市立大学、東京大学)
/各PS値の細かな補足説明って前なかったような?
厚生労働省のサイトで検索すると研究はされてるし、研究補助費はでていて研究はされてるけど…って感じだね。 指定難病になってないムズカシイ疾患もかなりあるよねぇ。実際…。なかなか指定はとれないのかなぁ。 @haruumare345
@CSFleak はじめまして。
慢性疲労症候群についてですが、
現在助成金を受けている研究班が、並行して診断、治療法の確立を目標に引き続き研究予定です。

研究班HP


研究は、公募して助成金が降りれば続けていける様な仕組みです。
@sukashekamigaki chronic fatigue syndrome です。ちょっと難しい事が書いてあるけど、こちらのページの情報が正確です。ちなみに写真の倉恒先生はわたしの主治医なんですよ(^_^)/
慢性疲労症候群(CFS)診断基準(平成25年3月改訂)
@satake_take 厚生労働省CFS研究班のURL貼らせてください。
厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)(神経・筋疾患分野)「慢性疲労症候群の病因病態の解明と画期的診断・治療法の開発」研究班


メッセージ~厚労省CFS研究班代表倉恒弘彦先生
☑️慢性疲労症候群(CFS)は難病です

厚労省研究班
@ratukata @cfsfss @wienerwalz
ご参考までに、研究班HPのリンクです。



体調が良くなられたなら良いですが、自己診断は危険です。お気をつけください。

私は体調が悪くやりとりを続けるのは辛い状況です。
厚生労働省研究班 (続き) ③治療に反応して回復がみられるCFS患者に対しては、内科医、精神科医、心理士の連携医療と共に、社会への復帰に向けたリハビリテーション、作業療法、理学療法などの支援体制を整えることなどがあり、〜 ”
ってなに?と思った方、厚生労働省 研究班のURL貼っておきます


【厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(神経・筋疾患分野)「慢性疲労症候群の実態調査と客観的診断法の検証と普及」研究班】
そんな疾患があるんですね!数週間〜数ヶ月しんどくて何も出来ない時期もあるので、他人事とは思えません。鬱状態ではなく身体的疲労感です。
@helpme_cfs_me という“疾患”が存在します。
厚生労働省サイト
主治医の先生の写真があったので、、、(;一_一)
厚労省 診断基準
前提Ⅰ.
1.6か月以上持続ないし再発を繰り返す疲労を認める(CFS診断に用いた評価期間の50%以上/
前提Ⅱ.以上の検索によっても慢性疲労の原因が不明で、しかも下記の4項目を満たすとき (続く
慢性疲労症候群「 神経系、免疫系、内分泌・代謝系の異常が複雑に絡み合った病態であることが明 らかになってきている。多くのCFS患者を調べてみると、 ヘルペスウイルスの再活性化や、自己抗体の存在、酸化ストレスの増加、抗酸化力の低下 」
ブログの通り「30万人超」は、1999年時点の推計。最新2012年調査では減少。
研究班サイト
>RT【参照】CFS患者@maki_cfsさんブログ「厚労省CFS研究班の計算方法」 …
その2つの疾患は併存しないそうですよ。専門外来できいたことですが、潰瘍性大腸炎がわかった時点でCFSではないとのこと。診断基準(  )から外れます。素人には難しいですね。RT@aika3mt慢性疲労症候群と潰瘍性大腸炎を抱えている方もいる
2012年の疫学調査
一般住民2,000名
有効回答者1,149名
6か月以上の慢性疲労 38.7%
CFS臨床診断基準を満たす 0.1%

厚労科研CFS研究班
痛みや疲労、脱力 思考障害等で苦しんでいる人が一定頻度で存在することは他の領域でも検討されてきています。症状緩和のための努力も続けられています。痛みだけでなく、症状のある生活、2次的な苦しみ等もケアや支援の対象。 そのいち例
(つづき)慢性疲労症候群 特異的な治療法はなく、休んでも回復しない。かぜなどの感染症が契機になり、急に発症し、何ヶ月も続く。微熱継続も。  医師会報より
要するにMEの会のCDCへの問い合わせは、疲労研究班が述べていることを批判したいのだろうが、なぜここをつく必用があるのか?そして、回答だけでなく質問も公にすべき。おそらく、身体的疾患かどうかの質問も含まれていたのだろう。
@Rutile_1007

どうぞ。したの方に診断基準が…。
倉恒先生ってずっとCFS研究の陣頭指揮を取ってるんだね。厚生労働省CFS研究班から、問題点や新たな診断基準の指標が発表されてたわ。
うつ病学会のガイドラインにも精神病性うつ病の概念が含まれますが 概念があまり広まっていません QT @maki_cfs: うつ病って本当に複雑 CFS診断基準で除外される「精神病性うつ病」の定義さえよくわかりません @hotsuma
うつ病って本当に複雑。知ろうとして過去何冊も読んだのにCFS診断基準で除外される「精神病性うつ病」の定義さえ私にはよくわかりません。→ B.併存疾患として取り扱う。(1)気分障害(双極性障害、精神病性うつ病を除く)  @hotsuma
当該サイトに「3.11以前より増加」「厚労省が「受診」呼びかけ」との記載は見つからず… RT @olivenews: @moana_lani 厚生労働省「慢性疲労症候群の実態調査と客観的診断法の検証と普及」研究班  こちらに詳しくあります
とはいえ、CFSをMEという病名に変更することで病名を失う患者が出た場合に、診療現場で混乱が起き、患者にとって不利益となるからCFSという疾患概念を残すのならばそれは少し違うような気がします。
【URL修正m_m】【CFS(慢性疲労症候群)】筋肉痛、リンパの腫れなど慢性疲労とは程遠い症状を持っていないとこの病気とは診断されません。慢性疲労症候群研究班URLに診断基準あり 。その一部を添付。
目を使った後に症状が悪化するのはこのせいってことでいいのかな。記事中程。/健常者に比しCFS患者は左視床と中脳の[11C](R)-PK11195結合度が有意に高かく、視床と中脳の脳内炎症がCFSの病態と深く関連していることが判明した。
以上

記事本文: 日本医療研究開発機構(AMED)障害者対策総合研究開発事業 神経・筋疾患分野「慢性疲労症候群に対する治療法の開発と治療ガイドラインの作成」研究班 ホームページ

関連記事