元Jリーグ外国人監督が高校サッカー初指導 「物凄くもったいない」部活の伝統とは? | フットボールゾーン

ツイッターのコメント(14)

ここの監督やったんか。
>「だから日本では小学生が一番良いサッカーをしているんです。小学生時代は、ほとんどの選手が同じチームで過ごすし、学年ごとのチームがあって常に試合をしているか
去年の事には触れてませんね。
一本歯下駄GETTAユーザーで友人にも進めてくれたゼムノビッチ監督の指導論。
確かにそのとおりだな。
兵庫県にある相生学院高校サッカー部(通信制)の監督に就任。数年後にどのような変化が出るか、注目しよう。
そりゃそうだよ。中高の部活は教員の休みを犠牲にしてボランティアでやってんだから。しかも中途半端な経験者か素人が大半。中にはスペシャルな人もいるけど稀だよ。本当に「こどものため」を思うならそのおかしさには気づくはず。
ここ元は上村学園通信制だよね
保護者から訴訟起こされてなかった?
本当にその通りだと思う。日本のグラスルーツを伸ばしていく根幹を変えることになる可能性を秘めている気がする。
元Jリーグ外国人監督が高校サッカー初指導
>日本の選手たちは中学と高校の計4年間で計120試合の公式戦が不足してくる。これは物凄くもったいないこと。日本人選手の成長速度が遅い大きな要因になっていると思います
これは新しい試みでイイことだと思う。 「物凄くもったいない」部活の伝統とは?(Football ZONE web)
面白そうな試みですね。

 「物凄くもったいない」部活の伝統とは?(Football ZONE web)
日本初!!
高校サッカー監督に、プロ外国人監督が就任。

相生学院サッカー部の将来が楽しみです。

学校全体でサッカー部の強化・応援をしてくれています。

高校サッカー界では、
今までにない、日本最高峰の育成環境になっています。

第一の目的は
「選手育てる」
以上
 
PR
PR