TOP > スポーツ > Jリーグ「トップクラス」の守護神は? ドイツの日本人GKコーチ、昨季J1の"全失点"分析 | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

Jリーグ「トップクラス」の守護神は? ドイツの日本人GKコーチ、昨季J1の"全失点"分析 | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

ツイッターのコメント(17)

色々な視点でみるとGKも面白い!
GK大国のドイツで経験を持つ選手とプレーした事がありますが、GK理論が日本とは全く異なります。
簡単な例を出すと人間の体の構造上、ここは足ここは手それをしっかりとした基準を持ってトレーニングに落とし込むそうです。
「シュツットガルト下部組織でGKコーチを務める松岡氏」こんだけ良く分からねえGK論者ばかり溢れたら、山野陽嗣みたいに人間性クズが淘汰されていく一方やん/
これは面白い分析。日本代表の分析もしてほしい
ケパの数字も見てみたいわ。
記事は面白かった。
ポジショニング等の内容を詳細に解説して欲しい…我々にはGKという職能に関する知見が少なすぎる
去年のチームの成績はアレだったけど、西川のプレーは良かったと記憶してる。GK コーチが変わったからかなぁ。。。
こんなん全データみたいわ。
シュトゥットガルト育成組織でGKコーチを務める松岡裕三郎氏 昨季J1出場のGKのプレイを分析(Football ZONE) 「仙台のGKには好印象が残っています。ダンはチームを救うビッグセーブが多かった点も印象的。クバもビッグセーブも多く、JトップクラスのGKと言えるでしょう」
これは良記事。

極論言えば、GKが防げた失点が0になれば望ましいがそれに近い選手は良いGKだと思う。
実は派手なセーブが目立つ選手はポジショニングなどで何かしらでミスしている事が多い。

代表のGK選びの参考に是非してもらいたい。
トップクラスと言われる割りにはトップページにはいないw
>西川選手はリーグ戦33試合に出場し、総失点は49失点。そのうち「防げない失点」が25ゴール(51.02%)、「防げる、改善できる失点」が20ゴール(40.82%)、「ミスによる失点」が4ゴール(8.16%)でした。半分以上ノーチャンスとは🤦‍♀️
それでもだいぶ止めてた印象
秋陽がボロクソ言われてて笑う
浦和GK西川は日本人選手トップクラスの成績を残す
専門家によるGKの分析。こういう記事はもっと見たいですね😄
ドイツの日本人GKコーチ、出場33人の“失点”分析 興味深い。。
ドイツの日本人GKコーチ、出場33人の"失点"分析 | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR