TOP > スポーツ > 大迫勇也、決勝で敗れ感情爆発 ボトルを蹴り、スタッフの制止振り切ってピッチから去るも… | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

大迫勇也、決勝で敗れ感情爆発 ボトルを蹴り、スタッフの制止振り切ってピッチから去るも… | Football ZONE WEB/フットボールゾーンウェブ

ツイッターのコメント(18)

いいじゃん
褒められた事ではないがこういう
勝負に拘って悔しさを露わにする
ところがサコの魅力でもあり
鹿島で育った選手の魅力でもある

もっと別の発散の仕方をすれば
キャプテンとしてチームを引っ張って
いけそうだと思うけど、どう協会?笑
本当はいけない行為だけど
全員これぐらい悔しくなるぐらい、怒りが込み上げてくるぐらいやったのかと
監督含めて
率いる で
1-3と敗れ
惜しくも準優勝!

決勝で敗れ感情爆発!
ボトルを蹴り
スタッフの
制止振り切って
ピッチから去るも

エースFWが
見せた行動は
思いの強さを
感じさせる
ワンシーンと
言えるだろう!
もう1点欲しかったね
何でこんなんが美談になんねんただ感情をコントロール出来ないお子ちゃまってだけだろ。
記者頭沸いてんのか
大迫勇也、悔しい準優勝に感情爆発 ボトルを蹴り上げる
選手が脱水にならないようにとボトルを用意する人がいるのに、そんなのも考えたことないんだろうね。

試合に負けてボトル蹴ってるようじゃこの国のサッカーは一生強くならないよね。

蹴るのはボールだけにしてください。
ホント何様だよって話。
ジャパンズウェイというのは「日本人らしさ(意味不明)・人間性」が成長の源泉であり、何より優先されるはずだが、彼はジャパンズウェイの中で「成長」できる人材なのだろうか?
よくぞ、大迫を呼び戻してくれた。負けを正面から受け止めるのも、エースの仕事だと思う →
この映像を見たい。あずまんのワイングラスをドスンッ!的な。

『ピッチ脇の置いてあるペットボトルを思い切り蹴り上げると、両軍の選手が残るピッチから離れ、スタッフの制止を振り切ってそのまま1人去った』
※負けず嫌いのほうがこれからが楽しみですよ。 〜
真剣勝負なので負けた悔しさがあるのは仕方ない。でもその態度はどうかと思うぞ大迫。ここはやはり「カタール半端ないって」からの… |
これ見てたわ
優勝にかける思いも半端なかった大迫。
大迫だけじゃない、原口はイラン戦後にストレスが溜まり勝利が見えたので最後は自由にやりゴールを産んだ。選手達はストレスを溜め込んでいた。
この試合…見てたけどほぼ決定機は吉田麻也劇場だったなぁ…
代表はよく頑張ってくれたし、大迫個人も頑張ってくれた様に見えるからこそこうなってしまうのは分かるけど…
それでもやっぱり最後までしっかりしてほしいな。
気持ちはわかるけど、そのメンタルが敗因のひとつなのかな…とも思った。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR