TOP > 社会 > 空自F-35戦闘機はこうして北朝鮮弾道ミサイルを撃墜する?:米MDR報告書 - FNN.jpプライムオンライン

空自F-35戦闘機はこうして北朝鮮弾道ミサイルを撃墜する?:米MDR報告書 - FNN.jpプライムオンライン

能勢伸之 トランプ米大統領、MDR報告書発表 ブースト段階でのミサイル迎撃  F-35戦闘機のミサイル迎撃投入 MDR報告:極超音速兵器の脅威 トランプ米大統領(1月17日):我々の目標はシンプルだ。...

ツイッターのコメント(22)

"空自"で
日本のまわりはロシア、北朝鮮、中国とおるんやで。
韓国もワケわからんし。

たぶんF35は多目的機だからイージスと共にミサイル撃墜の役割も担うんやろ?

むしろ100機程度で足りるの?って思う。
@Nise_Bukiko F-35「ブースト中のICBM撃墜するで」
エスコンPたち「なんでや」
* 自衛隊のF-35? 間に合わないんじゃないか? >
AMRAAMどころか、PHOENIXですら、弾道ミサイルには届かんだろ(-ω-;)
AAMで弾道ミサイルを落とすなんて夢物語しか思えんわ(;´Д`)
@rockfish31 解説ありがとうございます。やはりスクランブルでは間に合わないのですね。能勢さんの記事( )でも防空網制圧の必要が書かれていましたが、北朝鮮でも雷-5のようなSAMの登場など防空能力も向上していますしブーストフェイズでの迎撃には課題が多そうですね。
この内容からすると、弾道ミサイルが発射されてからF-35が離陸したのでは間に合わないので、脅威対象付近に常に飛ばせておく必要があるが、大丈夫か?FNN。
ブースト段階初期の弾道ミサイルであればまだ遅いので戦闘機のミサイルでも迎撃可能ってわけか、高性能なF-35戦闘機なら他にも従来では難しい使い方が色々と出来そうだな:
計算通りにいけば世話はない。
専守防衛は現実的に不可能て事やん?
てことはどこかのバカが攻められたら島を差し出す、とか言うてたけど国そのものも差し出すとか言い出すのんか?
なるほど、F-35の導入を拒否したがる連中は北朝鮮がスポンサーなのか。資金源は瀋陽軍区かな
空自F-35が弾道ミサイルを撃墜?:米MDR報告書
F-35ライトニングIIには、ブースト段階のミサイルの赤外線を検出できるセンサー・システムがあり、そのコンピュータは、脅威のミサイルの位置を特定、巡航ミサイルを追尾し、破壊できる。
能勢さんの記事きました。大手マスコミで軍事知識があって、冷静に分析して単なる批判でなく、ちゃんとした記事書ける人他にいませんから。
「F-35が本来の驚異的な作戦能力を発揮するには、機器、通信などを制御する極めて高度なソフトウェアの開発が必要。それができるのは勿論米国のみ」
さす能勢記事。
新型ミサイルには、地上置迎撃ミサイルでは撃ち落とせんと。アホ安倍へ。
:弾道ミサイルも極超音速滑空体を搭載したミサイルも、NCADEを上回る性能の空対空ミサイルを搭載したF-35A・F-35Bには、同じような標的になるかもしれない。
日本は極超音速滑空弾を開発できれば大きな抑止力になる。空自のF-35は光学・赤外線センサー、EO-DASで1300キロ先までわかり北の弾道ミサイルも撃墜できることになる。
これも非現実的だろう、ステルス機でも高空を高速で移動すれば摩擦熱で熱センサーに捉えられる、低空を低速では迎撃出来ないだろうし
ひょっとして米国は自衛隊にも、こういう任務をシェアしたいと思っているんだろうか?少なくとも日本はフロントに近いF-35運用国だけど・・・
それなら発射直前を爆撃するほうが現実的かつ簡単だと思うけどな!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR