世界初 iPS細胞 脊髄損傷治療の臨床研究了承 慶応大学研究チーム - FNN.jpプライムオンライン

22コメント 登録日時:2019-02-18 16:49 | FNN.jpプライムオンラインキャッシュ

iPS細胞を用いて脊髄損傷患者の治療を行う慶応大学の臨床研究が、国の審議会で了承された。  慶応大学の岡野栄之教授らが計画している臨床研究は、iPS細胞から神経のもととなる細胞を作製し、スポーツや交通...

Twitterのコメント(22)

これが成功すれば再生医療がはかどるね!
猪狩ともかに
凄い朗報っ❣️、 iPS細胞で脊髄損傷治療の臨床研究了承、慶応大学研究チーム😆👍。
iPS細胞に限定すれば世界初だけど、ES細胞は先行してるわけで、ニュースで強調する意味はない。>
おお審議通ったのか
思っていたより早かった、審議会ありがとう
これはすばらしい!うまく行けばたくさんの人が救われるはず -
これは成功したら患者さんは希望持てるな〜!!
す、すげー…
どうなるのか注目です。
カジノの利益を先端医療と弱者救済に注ぎ込んで欲しい
せき損が、治るものになるかもしれない。いい結果が得られますように。
今朝のニュースでプロレスラーの高田さんが高山選手を見舞ったと言う記事があった。多分この治療が期待されるのではないかと思う。。。
期待しています🙄
成功してほしい
対象は、損傷後2週間から4週間以内の18歳以上の患者4人で、iPS細胞を用いた脊髄損傷に対する臨床研究は、世界初という。

脊髄損傷により、体が麻痺した患者は、国内に10万人以上いるとみられ、これまで有効な治療方法はなく、将来的な治療への活用に期待が集まっている。
おー!損傷はしてないけど、臨床試験参加したい。この忌々しい腰痛と痺れから解放されるなら・・・
まだまだ道のりは長いけど、早く実際に救われる方が多く出てくると良いです!
すばらしい。
10年以上前から期待されていた研究長すぎだよね。
できたらマジで未来きてるわ
以上

記事本文: 世界初 iPS細胞 脊髄損傷治療の臨床研究了承 慶応大学研究チーム - FNN.jpプライムオンライン

関連記事