TOP > 社会 > 須賀川市柔道部事故の被害者が死去 28歳の誕生日を目前に... - FNN.jpプライムオンライン

須賀川市柔道部事故の被害者が死去 28歳の誕生日を目前に... - FNN.jpプライムオンライン

13コメント 登録日時:2018-09-14 07:09 | FNN.jpプライムオンラインキャッシュ

ベッドで安らかな表情を見せる女性は、福島・須賀川市の侑子さん。 15年前に中学校の柔道部で起きた事故で寝たきりとなっていたが、12日、亡くなった。 27歳だった。  平成15年(2003年)、当時13...

Twitterのコメント(13)

まともに受け身をとれない生徒を柔道技で無理やり投げ続けるなんて… 
被害者と、ご家族はどれだけ辛かっただろう。
ご冥福をお祈りいたします。
9/12亡くなっていた:
28歳の誕生日を目前に…

柔道は本来なら人を殺めるための武術であり、当然、その技はどれも非常に危険である。それを暴力の手段として使えば、弱者が致命傷を受けるのは当たり前のこと。
だからこそ、指導者は心して指導していただきたい。
俺が政治家を目指すきっかけの一つでもあったよね。
役所、教育委員会は事件を隠蔽。
議会も1名を覗いて取り上げず。
それでだったら俺がと思った。
結局、未成年犯罪、公務員特権の壁を感じたが。
安らかに

 28歳の誕生日を目前に
ご家族の方々は、これまで数えきれないほど
「なぜ、・・・・」
「もし、・・・・」
と思いを抱き、苦悩されたことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。
ドキュメンタリー番組、もらい泣きしそうになりながら見た覚えがあります。印象深かった事件でした。ご冥福をお祈りします。
まじかよ高橋厳希最低だな
FNNプライムオンライン・福島テレビ 2018年9月13日
中学校1年だった2003年、柔道部で上級生の生徒から練習と称したリンチ同然の行為を受けて寝たきりになっていた被害者が、2018年9月12日に27歳で死去。
須賀川第一中学校柔道部暴行事件の被害者が亡くなった 最悪の部活事故・学校不祥事隠蔽事例として語り継ぐべきだろう。到底許せるものではない。
・・学校に子供を死なせるために行かしたのではないのに
同じ事故が後を絶たない。
どうか、安らかに。お母さんの心も少しだけでも楽になりますように・・

須賀川市柔道部での練習中頭強打、事故被害者が死去
>平成15年(2003年)、当時13歳の中学1年生だった侑子さんは、柔道部の練習中に頭を強く打つなどして、意識不明となった。
一命は取り留めたものの、寝たきりの状態が続いた。
以上

記事本文: 須賀川市柔道部事故の被害者が死去 28歳の誕生日を目前に... - FNN.jpプライムオンライン

関連記事