TOP > 社会 > “首都封鎖”は現実なのか?東京都の新型コロナ対策中心人物が告白「何もしないと週に3000人増える可能性もある」 - FNN.jpプライムオンライン

“首都封鎖”は現実なのか?東京都の新型コロナ対策中心人物が告白「何もしないと週に3000人増える可能性もある」 - FNN.jpプライムオンライン

グッディ! 東京都は4日連続で1日あたりの新たな新型コロナウイルス感染者の最多人数を更新 なぜ、都内の感染者は急増したのか?このまま拡大を続けるとどうなるのか? 「直撃LIVEグッディ!」は、都有識者

ツイッターのコメント(24)

・重症の患者が200床から700床、それ以外の入院を必要とする患者が3000人くらいを目標
・それを超えてくるようであれば、オーバーシュート
そうか…!!なるほど。まさに「第二波」、オーバーシュートしてしまった海外からの帰国者の影響か!!→
ここが踏ん張りどころです。ぜひ不要不急の外出を控え、パニックに陥ることなく買い占めに走らず、落ち着いて過ごしましょう!!
数学的にはまったく不思議ではない数字です。
@nikkei 東京の感染拡大加速化 想定速度の2倍

感染拡大の初期段階で想定の2倍
基本再生産数が「>1」になっているのなら
感染ピークは3,000人想定も必要に。

医療崩壊が起きる危険性が迫っている。
無症状の人がウイルスを排出しなくなるする時間、重症者が回復する時間を稼ぐには2〜3週間程の封鎖を何度か繰り返すしか無いかと。

“首都封鎖”は現実なのか?「何もしないと週に3000人増える可能性もある」 -
“首都封鎖”は現実なのか?東京都の新型コロナ対策中心人物が告白。猪口医師によると感染者数の増加は当初の予想を上回るペースでこのまま何もせずにいると4月の2週目には1週間の新たな患者数が3000人を超えるという。そして、その驚くべき数字は医療危機に繋がり得るという。
オーバーシュートは「医療がきちんと重症の患者に提供できないような状態になったこと」潜伏期間の中央値は6日。今週末の動向が来週末に見えてくるはず
そうか、世界的に移動制限して慌てて帰国してきた人たちが大都市圏の感染増やしてるのか!日本人含めた入国者水際作戦の徹底と都市封鎖が必要だね!

首都封鎖”は現実なのか?東京都の新型コロナ対策中心人物が告白「何もしないと週に3000人増える可能性もある」
北海道は早い段階から緊急事態宣言出した
一日40人超えてんのに、ギリギリとかのんびり構えてる意味が分からん
人口の差、経済の中心?
だから早い対応がいるやん…
失業者増えるぞ

“首都封鎖”は現実なのか?
「何もしないと週に3000人増える可能性もある」
↓この週末の結果は来週木金曜日あたりに効果が出てくるらしい
「何もしないと感染者が週に3000人増える可能性もある」
三鴨廣繁氏:
"潜伏期が2週間くらい長いといわれてきましたが、中央値といって、一番多いのが大体6日"
コロナウイルス。帰国者のニュース聞いてもそれくらいな感じ。3連休後、一週間で情勢変わるはねえ。遅れ時間があると制御ホント難しい。
感情論で週末の自宅待機を訴えられてもなんにも響いてこないけど、記事内にあるように、厚労省の試算を上回るペースで感染者が増加し始めたことを強調した方が、週末の自宅待機の危機感は高まる
ふざけているわけじゃなくてドラえもんのバイバインを思い出した。危機的状況の一歩手前まで来ていて、爆発的な感染拡大はある日突然やってくる・・・かもしれないし、やってこないかもしれない。今が瀬戸際。
「今ちょうどこの週末の効果というのは、来週の金曜日土曜日くらいには一定の効果が出てきます」
「人にうつしたらどう責任取るのか?」
【“首都封鎖”は現実なのか?東京都の新型コロナ対策中心人物が告白「何もしないと週に3000人増える可能性もある」】
何もしないと週3000人の陽性感染者が発生する。
自分さえ良ければ構わないという一部の10代・20代・30代前半の若者。
あなたのせいで関係の無い人達が死ぬかも知れない。そうしたらあなたは人殺し。
一部の身勝手な若者全員が重症化し、苦しみの果てに死ねばいい。
ほんと大袈裟ではなく、このストーリーに向かって突き進んでいる気がする。
早く対策すべきだ。
しているのに💀
海外の状況を目の当たりにしているのに
この対応で大丈夫なのか🐸
タイトルは煽り気味だけど、わかりやすく都の現状が分析されている。
「倍々ゲームですから、うなずけると思います。1人が2人に移し、その2人が4人に移す。そこから8、16、32、64、128…」

関数の数式が違うと思う。そう単純じゃないと。
ただ現時点の東京都の数字が院内感染クラスターと帰国者クラスターで大部分を占めるとすれば希望はある。
コロナに負けないように頑張りましょう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR