TOP > 社会 > 「原因不明の肺炎患者」初確認は12月8日だった 新型コロナウィルス情報公開と対応の遅れを検証 - FNN.jpプライムオンライン

「原因不明の肺炎患者」初確認は12月8日だった 新型コロナウィルス情報公開と対応の遅れを検証 - FNN.jpプライムオンライン

12コメント 登録日時:2020-01-29 07:18 | FNN.jpプライムオンラインキャッシュ

垣田友彦 先月8日に原因不明の肺炎患者を初確認  人口1000万人の武漢市を封鎖も感染拡大続く 情報公開と対応の遅れは市民の不満につながり習近平政権に更なる試練 新型コロナウイルスによる肺炎の死者は中...

ツイッターのコメント(12)

初動が大事って、誰かが言ってたぞ。ボロボロやんけ。
そんな前からやったのね💦💦
全てが後手後手感...
下手すれば12月のクリスマス前後ぐらいには、日本にコロナウィルス上陸しているなぁ( ´Α`)ウゼー
@Sankei_news 今、ふと気づいたんだけど
船旅の旅券て何日くらい前から買えるのかな?
中国では転売も出来るのかな?

1カ月半か・・・
* ∧∧
(* ・᷄ὢ・᷅ )ねー やっぱあったよねー
( ⊃⊂)
先月8日に原因不明の肺炎患者を初確認
人口1000万人の武漢市を封鎖も感染拡大続く
情報公開と対応の遅れは市民の不満につながり習近平政権に更なる試練
ふむ、これはよくまとまった肺炎に関する記事ですね。
中国側の対応の遅さがこれで分かります。
中国政府は12月8日の時点で対策が可能だったかも。
しかし実際に動き出したのは1ヶ月後。
その間に感染者がどれだけ日中間を移動していたのでしょうか。
以上

記事本文: 「原因不明の肺炎患者」初確認は12月8日だった 新型コロナウィルス情報公開と対応の遅れを検証 - FNN.jpプライムオンライン

いま話題の記事