TOP > 国際 > 日米の「韓国疲れ」はピーク 日米韓協力の構造的限界を突きつけたGSOMIA破棄問題   - FNN.jpプライムオンライン

日米の「韓国疲れ」はピーク 日米韓協力の構造的限界を突きつけたGSOMIA破棄問題   - FNN.jpプライムオンライン

村野将 GSOMIAは軍事情報共有の枠組みではなく「情報保護」の取り極め 日韓防衛協力の土台であり、日米韓防衛協力の象徴としての役割 これから日本はどうするべきか・・・? 8月22日、韓国政府が日本と...

ツイッターのコメント(57)

村野将
カテゴリ:ワールド
2019年8月26日
>今回のGSOMIA破棄…を受け、当面韓国との安全保障上の連携は難しいとの諦めが広がることは避けられない。文政権の任期は2022年5月まで残されていが、その間日米は韓国を「待てる」だろうか。
「GSOMIAは情報共有枠組みそのものではなく、機微な軍事情報をやりとりする際の「情報保護」に関する取極である。」>
“文政権のあまりに宥和的な対北政策や、昨年末の海自哨戒機への火器管制レーダー照射問題の処理などを受け、これまで韓国を繋ぎ止める努力をしてきた日米の当局者・専門家の間でも「韓国疲れ」が ピークに達している。そこにきて今回のGSOMIA破棄である。”
本当に韓国疲れ!だわな(¯―¯٥)
GSOMIAの内容解説に加え、北東アジアの安全保障について日米韓3カ国の関係を軸に分析している。読み応えがあります。

GSOMIA内容が解りやすい。
問題は記事内容と違う題名-日米の「韓国疲れ」はピーク-という文言。
GSOMIA破棄問題   -
……あの国(政権)。「輸出管理」や「情報保護」を軽視しているようにしか見えないのだけど、現代の国際社会では両方とも堅持しないといけないものだから、信用が加速度的に落ちるのではなかろうか。
と言う言葉は流行りそう、流行語大賞ノミネート程度かな。
これ韓国に勘違いしてほしくないのは、韓国疲れしてるならもうひと押しで折れるだろうて事はなく、韓国無しで東アジアの安保を考える方向にいくから。
ここまで一方的に世界中に悪口振りまかれて負けてるのに、「疲れ」だの「呆れ」だの余裕こいてる場合か。
米軍の迷彩服の色が変わるかな?
@nhk_kurogen 偏向放送局の番組を視聴するよりも、米国ハドソン研究所の日米安全保障の研究者の分析を読む方が中立的な判断を保てるのではないかと思う。
これは秀逸な分析
文政権に対してstrong concern and disappointmentを発表した米国。トランプ政権はすでに安全保障政策の転換を果たしており、東アジアで大きな構造変化が起こるかも。
いや、自民党に疲れています。
(´・_・`)
日韓GSOMIAの役割についてしっかりと説明してくれてる記事やけど、これだけの内容が無料公開って随分太っ腹やなぁ
村野氏の記事ほんと分かりやすい。推奨。
確かに見出しからは想像できない丁寧で良質な記事だった。
少し前にブルームバーグで、韓国が日本を捨てても米韓関係に全く支障もなく、なんの問題ないという記事を読んだばかり。あの記事も所々にバイアスが豊富に散りばめられていたけど。
これってひょっとして日本のせいにしてアメリカの傘を離れる口実を作って中国の傘に入ろうとしてない?
きっかけが日本ならアメリカにも裏切りにはならないみたいなw
★なかなかの読み応え♪★
〈文政権が最終的に協定破棄を選んだことは、 日本のみならず、自国の国防情報当局を軽視したということでもある〉
煽り気味なタイトルは置いといて、GSOMIAの解説と実情、破棄の意味するものと影響、今後の展開について分かりやすくまとまってて助かる/
《文政権が最終的に協定破棄を選んだことは、 日本のみならず、自国の国防情報当局を軽視したということでもある。これは韓国政治指導部の北 朝鮮に対する脅威認識が危機的なまでに欠如していることの裏返しに他ならない》

 GSOMIA破棄問題
GSOMIAの説明としては最良のものだと思います。GSOMIAのことを情報交換協定と勘違いしている人たち多いからなぁ。
村野さんのピンポイント解説。SNSやウェブ媒体のおかげで、こういうちゃんとした分析と解説が容易に読めるというのは素晴らしい。変に「韓国疲れ」をハイライトした見出しよりも、GSOMIA解説を前面に出した方が良いと思うのだが…(見出しは編集部がつけたんだろうけど)
2019年8月26日

GSOMIAは軍事情報共有の枠組みではなく「情報保護」の取り極め
日韓防衛協力の土台であり、日米韓防衛協力の象徴としての役割
これから日本はどうするべきか?
GSOMIA分かりやすかった
"米国からの拙速な戦時作戦統制権の返還を進めるようであれば、現在の米韓同盟を中心とする朝鮮半島の指揮統制体制は、日本が負う責任の重さを適切に反映した形で再設計する必要がある"

色んな記事を読んだけど、これが一番腑に落ちる。
今後の米軍の前方配備態勢は、朝鮮半島・中国・台湾を含む地域情勢や、同盟国への「公平な負担」を訴えるトランプ大統領の志向とも連動する形で再度見直される可能性が高い。(引用
韓国の事、韓国が一所懸命色々する程、日本ではニュースにすらなってない

どうでもいい国だから相手にされていない
◎ まだまだ上昇する余地はあるだろ。起きろ。
社外の人物が書いた記事は本当に質が良いな
現状が一番わかりやすい
現在の米韓同盟を中心とする朝鮮半島の指揮統制体制は、日本が負う責任の重さを適切に反映した形で再設計する必要があるだろう。
国際的な困ったちゃん、韓国。世界が呆れてるぞ。ちゃんと理解しろよ。
日米韓 韓国の新聞の中には、「日本の自業自得」などと書いてあるものもあるが、何故韓国は事実というものを何も知らないのだろう?嘘ばかりついているが、実は真実と思い込んでるのかも!バカ過ぎて話にならない!味方じゃない方が良いくらいだ!
「ピーク」ってのはねえ。そこを頂点に状況が緩和して初めて「あの時がピークだった」って言えるのよ。今はまだピークかどうかなんてわからないでしょ。もしかしたら今は未だ裾野でしか無く、ここからグイグイ行く可能性だってあるのよ。
経済的事情で米国は抜ける筋書きとずっと前からの都市伝説。案外当たっているかも。日本が世界対立の最前線になると運命厳しいね。どうか平和であれ、貧しくとも滅亡よりは。
日米は韓国と手を切るべき
何だ、これ。
この話でさえ揉めたの初めてじゃないのか。もういろいろとだめですな
、韓国と付き合うのは相当疲れますね。
GSOMIAに関心のある人は必読。東アジア安全保障の構造的変化に注目。

“今日の在韓米軍はBush政権時の「世界規模での米軍態勢見直し」の産物、Trumpは同盟国への公平な負担を志向”
村野将:
“成果物作成に責任のある国防情報 当局が被提供情報の重要性を主張したならば、政治的不満はあろうとも、そうした実益に適う意見 は受け入れるのが普通である。(中略)文政権が最終的に協定破棄を選んだことは、 日本のみならず、自国の国防情報当局を軽視したということ”
「GSOMIAは日韓の防衛協力という歯車を円滑に回すための潤滑油のようなものだった。潤滑油がなくても歯車を回せないことはない。しかし、制度に裏打ちされた相互信頼がなく、 情報漏洩のような”故障”のリスクを払拭できない場合、結果として歯車を回すこと自体を躊躇する…」
コストについては韓国に請求すればいいんじゃないですか?韓国のせいなのだから
う…めんどくさいことはわかった>
この記事によると、この前の北朝鮮のミサイルの韓国の発表の遅れは、アメリカが情報の提供で日本と差をつけた事による可能性。  …
まあ人間相手の付き合いでも韓国みたいな人格の人だと周りがくたびれるだけなんですよね。
困るんですよねこういうの。
飽和気味ですが、書いてみました。 行間を読んでいただければ。
🔹GSOMIAは軍事情報共有の枠組みではなく「情報保護」の取り極め
🔹日韓防衛協力の土台であり、日米韓防衛協力の象徴としての役割
🔹これから日本はどうするべきか・・・?
以上
 

いま話題のニュース

PR