TOP > 社会 > 山本太郎氏の驚くべきビジネスモデル - FNN.jpプライムオンライン

山本太郎氏の驚くべきビジネスモデル - FNN.jpプライムオンライン

平井文夫  山本太郎氏は落選らしい 当選する必要はなかった? 日本でもついにポピュリズム政党が誕生か 山本太郎氏は落選か 出口調査結果によると、れいわ新選組代表の山本太郎氏はどうやら落選のようだ。れい...

ツイッターのコメント(93)

フジテレビ平井さんの指摘。ここまで考えているならば山本太郎氏のブレーン集団は半端なく恐ろしい。
ビジネスモデルて。
フジ平井さん:山本太郎の戦略→船後、木村両氏の介添人となり登院しスポークスマンとなる。「前議員バッジ」を持っているのでいちいち手続きも不要。そして国会内でテレビ局ぶら下がり取材に山本氏が毎回答えれば、各局は喜んで放送。

うーむ、私はそれは無いような気がする
賢い。参った。
(引用ここから)
「山本氏は当選せずとも確実に介助者として登院し、スポークスマンとなるだろう。彼が党首討論に加わると半端な党首だと完全に喰われるだろう」
(ここまで)
@games_1299s この山本太郎氏の発言は”呼び水”の気がします…
失礼な言い方をすると、介助が必要な人で同情票を得て自分はスポークスマンとして操って行けばよいという賛同出来ないスタイルですが、介助が必要な人達の為に活動するのなら評価が変わるかも
さすがに政策に一切言及せずにポピュリズム政党って書くのは記者の公平性の感覚が狂ってるのでは?/
色々な見方はあるのだと思いますが、山本氏は、2席の議席を獲得して、政党党首となり、付き添いという形で国会にも登庁し、発言権を得ることができる。狙うは衆議院議員。受からなくても良い選挙として本当に狙っていたのであれば、あっぱれ。
「ビジネスモデル」という言い方には苦笑するしかないが、イノベーションであることには間違いない。
彼はつねに外部から学び、不都合な他者ともコミュニケーションし、自分を改めていく。
これこそドラッカーが『マネジメント』で説いたことに他ならない。
山本太郎は一見すると感情の人のように見えるけれど、実はものすごく頭のいいポピュリストなのだと思う。重度障害者を国会に送り込む戦術は非常にクレバー。
@sharenewsjapan 山本太郎は政党要件を取るという最低限の目標は達成した模様。
- - -
この発想はなかった。そうか、介助者か。
フジ系がこれ出すのちょっと驚いた
前言撤回!
の狙いは、はなっから重度障害者の2議席で、政党要件の2%を満たすことやったのか、、、、
それにマスコミが選挙期間中全く取り上げてなかったのに、急に取り上げ出したのは得票数を伸ばさない為
マスゴミもグルやった説が濃厚やわー
ひぇー
党首討論も出られるんか!
結局のところ重度の障害者二人を操り人形にして自分は自由に動こうって事でしょ?

マジでクズ野郎やん。
平井さんが解説してる通りになるでしょう。
山本氏の戦略がわからなくて悩んでいたら、民主党政権の官房副長官だった松井孝治さんが「山本氏は当選せずとも確実に介助者として登院し、スポークスマンとなるだろう。彼が党首討論に加わると半端な党首だと完全に喰われるだろう」と、Facebookで投稿
山本太郎だけでこんな賢い戦略は生まれないから彼の周りに優秀なブレインが絶対いるのよね。その人達がどううごくか興味はあるよ。
驚愕。
この人策士だな。
流石としかいいようがない。
医療従事者です。
偏った見方の記事だと思います。
確かにALSは介助が常に必要な程悪化する事のある病気です。
ですが今回はご自身が立候補したい意志を示され、どこの政党にも相手にされなかった所にれいわが手を繋いだ形です。少なくともご本人はきつい事ご承知 続く
今井文夫氏の「山本太郎氏の驚くべきビジネスモデル」( )で今回の選挙結果によって山本氏は落選ながら、党首討論も会期中の議場入場も可能ということが指摘されている。当選しなくても当選と同じ活動が出来るのであれば、選挙とはなんなのか?という事になる
ゲームを制するには、ルールをよく理解する必要がある。そういうことかな。
これが事実となるなら、確かにすごいなと。
政策に賛同しない立場からの評価。希望が持てます。
山本太郎さんは政治家として支持するかは置いておいても、うまいと思う。

政見放送も、当事者は心揺さぶられるような構成だし、消費税廃止も現実的に聞こえる。
あざとさにあきれる:
これをビジネスモデルというのか...
なんなんだろう、このまとめサイト見たいな内容は
山本太郎は左翼でもなければポピュリステでもないぞ
ほんまやったらすごい
その手があったかという戦略。れいわ新選組が比例代表で2議席特定枠の2人が当選。

>山本氏の戦略がわからなくて悩んでいたら、民主党政権の官房副長官だった松井孝治さんが「山本氏は当選せずとも確実に介助者として登院し、スポークスマンとなるだろう。
山本太郎というポピュリズム政治家の誕生。次の衆議院議員選挙では想像出来ない変革の可能性を感じます。ポピュリズムか社会変革者か見極めが必要です。
比例は自民以外と思ってても対抗する野党が出てこないんだよね。政策が実現するのなら共産党でもいいかなって思えるしw今回は山本太郎が無双してたような気がする。政策が実現するというよりも期待値が高まってるというか。いい選挙参謀がいるのかな?目の付け所がシャープだw
これからまだまだ面白くなる!
山本もれいわも支持しなくて良いけど、今のズブズブ国会に一石を投じられたらそれは凄いことなのでは。それにしても今回の選挙はそこそこツイートも見たから盛り上がってると思ったけど、投票率更に低くて驚き…自分の周りだけなのかな…
松井孝治さんが「山本氏は当選せずとも確実に介助者として登院し、スポークスマンとなるだろう。」。れいわ新選組は政党要件である得票数の2%を確保、山本氏は維新の非議員の党首でも党首討論には参加できる。平井文夫にしてはまとも
これがそのまま本当なら戦略としてすごいな。。そしてNHK何とかという1議席取った政党も、中身よりも従来の「政党名はこうだよね」的な固定観念を無視したネーミングだけで票を集めてしまった。本論ではない部分で記憶に残る選挙だった。
@MitukoF @naoyan1973jp @NRTBKK7 私もこれが目的な気がしてきました。
「国会に送り込む」という表現がとてもうさんくさい。
自分以外の誰かが全部税金を払ってくれという、虫のいい政策は全く支持できない。しかし国政に関わるためのその戦略は凄いと思います
本丸は別にあった訳ね
これは「したたか」だわ
くりかえす あのポピュリズム
あの衝動は まるで恋だね
自分も戦略ミスだと思ってましたが、狙い通りだったのですかね。深いなぁ…
気にくわない人を「ポピュリスト」と言いがち。それに今の政治家にポピュリストはいない?
- レペゼンや、吉本の問題もそうだけど
この話に"スゲー"ってなる若者増えるといいな
究極レペゼン吉本がどうなるかよりも政治がどうなっていくか?の方が人生へのインパクトはデカイはず

最近密かに山本太郎あるぞ
と思ってきてる
山本氏は当選する必要はなく、政党要件を満たす120万票でよかったのだ。
なるほど、こういうからくりだったのかと勉強になる戦略のひとつ/
もっと見る (残り約43件)
 

いま話題のニュース

PR