TOP > 社会 > 2歳女児衰弱死…なぜ幼い命は“またも”救えなかったのか…?児相と警察で食い違う言い分 - FNN.jpプライムオンライン

2歳女児衰弱死…なぜ幼い命は“またも”救えなかったのか…?児相と警察で食い違う言い分 - FNN.jpプライムオンライン

10コメント 登録日時:2019-06-10 18:44 | FNN.jpプライムオンラインキャッシュ

Live News it! 女児が衰弱死 母親と交際相手の男性が傷害の疑いで逮捕された事件 警察からの面会同行を拒否…児相の対応に問題は? 児相が強制力持つ立ち入り調査「臨検」に踏み切れない理由とは ...

ツイッターのコメント(10)

何度も何度も通報され、警察まで出動してるのに48時間ルールはどこにいったんでしょうか
で?コイツらには食事と水与えてるの?何で?理解に苦しみます。
飲まず食わずでどのくらい身体持つのか身をもって教えてあげて下さいな。
この被害者の親どもを元に実験を。🤣💢

興味沸いて仕方ありません。
わかっている事は写真に写っているこの二人は二度と世に出るなという事です。
児相も警察も公務員だし、事なかれ主義の巣窟だから、所詮は他人事だからね。この国では人権尊重は口先だけでしかない。
結局は波風立てて面倒事を増やしたくないのだろう。こういう連中がいろんな社会問題を見て見ぬフリし、先送りして山積させてしまったのだろうな…。
虐待するなら産むなよ。こいつらまじ死ね。死刑にしろ。生きる価値ない。
公務員が仕事しないから。

2歳女児衰弱死…なぜ幼い命は“またも”救えなかったのか…?
児相と警察で食い違う言い分 -
前にも書いたかもしれないけど、明確な指針がないと動きにくいと思う。各家庭ごとにレベルを付けて、優先度や親権、警察との連携も定義したほうが良い。
親との関係よりも、虐待を受けている子供を救うのが最優先。当地のように通報があれば警察が直接立ち入り子供を保護、親を逮捕できるようにすべき。
以上

記事本文: 2歳女児衰弱死…なぜ幼い命は“またも”救えなかったのか…?児相と警察で食い違う言い分 - FNN.jpプライムオンライン

いま話題の記事