ユダヤ人もパレスチナ人もみんな一緒! ガザ地区付近に工場を置くイスラエル企業の挑戦 - FNN.jpプライムオンライン

土屋 とも江 ガザ地区まで20キロ。砂漠に突如現れる「ソーダストリーム」の工場 「ここで働くのは楽しい」 異なる宗教の従業員が口を揃えるその理由は? やり手CEO「平和や共存を達成するのは実はとても単

ツイッターのコメント(32)

こんな場所があったのか!
あまり読んでいませんが…。
ユダヤ人同士の差別についてさっき読みましたが…。

- FNNプライムオンライン
素直にイイ話と思いたいけど…。

「何年も占領が続いたことで彼らはパレスチナ人が満足してると思っていました
「仕事を与えたから生活が潤い喜んでいる」
しかし彼らは忘れてます
欲しいのは食料や金より
人として認められることです」

『乳牛たちのインティファーダ』より
転職するしか。
そうであってほしい…と願うけれど、素直にそう思えないでいる。こんなに簡単に対立を和らげられるものだろうか。仕事(お金)の前では宗教的対立も霞んでしまうということ?
ソーダストリーム!!!!
自宅にも店にもある!!!!
まさかこんなすごい会社さんだったとは。

嬉しい記事です😆
Soda Stream
炭酸水が作れる機械のブランドとは知っていたけれど、この企業の魅力はそれだけではなかったらしい。
そうなの。そうなんだよね。
工夫すれば、個人ベースではこんな風にみんなでうまく共存できたりするんだよね。政治が絡むとややこしくなってしまうのかな。
元ネタはこれか。これ、ほんとに大人が見てきて書いた話か?
解決の糸口さえ見えないパレスチナ問題を抱えるイスラエルだが、実はユダヤ教徒やイスラム教徒がともに働いている企業がある。



#テロと暴力の連鎖を断つ
《ガザは経済活動が全くないテロ地区だから、ガザの住民たちに雇用の機会を与えたいんだ》報道の原稿じゃなくて当事者が言ってる言葉なんだねえ。

- FNNプライムオンライン
 
PR