TOP > 社会 > 抗がん剤治療に伴う“脱毛”を抑える医療機器が初承認。その仕組みは意外と「目からウロコ」だった - FNN.jpプライムオンライン

抗がん剤治療に伴う“脱毛”を抑える医療機器が初承認。その仕組みは意外と「目からウロコ」だった - FNN.jpプライムオンライン

11コメント 登録日時:2019-05-20 18:32 | FNN.jpプライムオンラインキャッシュ

FNN.jp編集部 抗がん剤治療に伴う“脱毛”を抑える装置が医療機器として承認された 抗がん剤治療の前後に頭皮を冷却し、脱毛を抑える仕組み 7月以降、順次、医療機関に導入されていく見込み “脱毛”はつ...

Twitterのコメント(11)

これおもしろい。
医療機器で脱毛を防げるのは画期的。
これモニターで始めましたが、想像以上に辛かった。
この原理に基づき、手足のしびれも冷やすこと効果が期待されてるようです。
シェアします。
7月から医療機関に導入されるらしい💕
少しでも抑えられたら嬉しいね😊
抗がん剤治療に伴う“脱毛”を抑える医療機器が初承認。

その仕組みは意外と「目からウロコ」だった -


逆にこの程度の設備を整えることができない病院では化学療法を避けたほうがいい目印にもなるかも。
女性にはいいかも
そもそも抗ガン剤治療が間違ってんじゃないか?
抗がん剤治療に伴う“脱毛”を抑える医療機器が初承認。
化学療法による脱毛は、血の中の抗がん剤が、頭皮の毛母細胞にダメージを与えることによって起こる。頭皮を冷却して血流を抑えることにより、抗がん剤が毛母細胞に与えるダメージを軽減させ脱毛を抑える。
抗がん剤治療の大きな副作用の一つ“脱毛”を抑制する方法は、「頭を冷やす」というメカニズムとしては単純なものでした。
抗がん剤の開発競争に比べて、副作用対策はどうしても後回しになりがちです。脱毛という抗がん剤のつらい副作用を防ぐために、こういう機器がもっと開発されることを期待したいですね。
以上

記事本文: 抗がん剤治療に伴う“脱毛”を抑える医療機器が初承認。その仕組みは意外と「目からウロコ」だった - FNN.jpプライムオンライン

関連記事