TOP > 社会 > 世界遺産ノートルダム大聖堂火災 “石造り”なのになぜ炎上したのか? - FNN.jpプライムオンライン

世界遺産ノートルダム大聖堂火災 “石造り”なのになぜ炎上したのか? - FNN.jpプライムオンライン

11コメント 登録日時:2019-04-16 14:55 | FNN.jpプライムオンラインキャッシュ

Live News days パリの中心地・ノートルダム大聖堂で火災 出火1時間後には約90mの尖塔も崩壊 屋根の一部の“木”から燃え広がった可能性? 巨大石造りでゴシック建築の代表作として知られるパ...

ツイッターのコメント(11)

火災のニュースを見た瞬間 過ぎった疑問。そうだったのか…。→
@nanaseteppei 石だけじゃないんですね……にしてもあんな燃えるとは
なるほど…石造りなのにあんなに燃えたのはあの斜めの屋根を木材の梁で支えてたからなのか

- FNNプライムオンライン
石造りなのに木造?最近日本でも詐欺レベルの建築が大手で流行ってる >
「収蔵されていた美術品などもほぼ無事」とのことらしい。
・木が燃え広がったの前に何で火が出たのか?だろ・やっぱり電気でしょうかね?普段から火が出そうなところは必要に管理しないとこうなるよね!!
そういえば…
どこまで石で作られてるのなんて思いもしなかったよ。
収蔵美術品はほぼ無事とのこと。せめてもの救い。
ホント、日産買収している場合じゃない。
美術品がほぼ無事でよかった。バラ窓は無事かな?
- FNNプライムオンライン
以上

記事本文: 世界遺産ノートルダム大聖堂火災 “石造り”なのになぜ炎上したのか? - FNN.jpプライムオンライン

関連記事