TOP > 社会 > 「東京都感染防止ステッカー」掲示の飲食店でクラスター...実は審査なしの自己申告?存在意義に疑問の声

「東京都感染防止ステッカー」掲示の飲食店でクラスター...実は審査なしの自己申告?存在意義に疑問の声

8月13日、東京では新たに206人の新型コロナウイルス感染が確認された。13日は専門家らによるモニタリング会議が行われ、8月5日までの1週間と12日までの1週間の状況が比較された。状況の主な変化を見ると、新規陽性者数は8月5日までの1週間が346.3人だったのに対し、12日までの1週間では312.7人と減少した。だが、入院患者数で見ると、8月5日までの1週間が1475人なのに対...

ツイッターのコメント(7)

そりゃそうだろ
ステッカー貼ってりゃカネ貰えんだから
だから厳しくしろって
認定の数を増やすより支給されるレベルのハードル高めたがいい
つかなんの役も立たんけどなw

「東京都感染防止ステッカー」掲示の飲食店でクラスター...実は審査なしの自己申告?存在意義に疑問
こういう報道の仕方をする限り、感染者が批難、差別されても仕方ない。ステッカー掲示店で感染者が出たら「対策を本当にやってたのか」という姿勢。ステッカー掲示は何の意味があるのかを考えたらいい。報道が差別を助長している。
「小池知事はこのフィリピンパブについて(中略)『感染の拡大防止策を講じていないのにステッカーを貼っていたということではない』と説明しているが、——
意味ないだろうな:FNNプライムオンライン: 「東京都感染防止ステッカー」掲示の飲食店でクラスター...実は審査なしの自己申告?存在意義に疑問の声.
ちょっとこのニュース、全然ダメ。こういう適当なニュースがまかり通ってしまうのは大問題。

対策を講じていたのにクラスターになってしまったのか、講じてるフリして講じてなかったのか。
そこを明確にしないまま、ステッカーの是否に話が飛躍している。
新型コロナウイルス感染症対策条例「都民は、新型コロナウイルス感染症の予防及びまん延の防止の観点から、施設の利用及び催物等への参加に当たっては、標章が掲示されている施設の利用等に努めなければならない」(6条3項)。
知事の専決処分。議会で修正した方がいいですよ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR