TOP > 社会 > 全国の学校でクラスター多発…感染予防で子どもが守るべき2つのポイントとは?

全国の学校でクラスター多発…感染予防で子どもが守るべき2つのポイントとは?

8月12日、東京都では222人の感染が確認され、3日ぶりに200人を上回った。そうした状況の中で、いま感染者の年齢層に変化が生じている。今回注目するのは、子供たちへの感染だ。厚生労働省の調べによると、緊急事態宣言が出された4月には10代以下の感染者は3%だったのが、8月になって5.9%と倍増している。その原因が、最近全国で多発している学校などから発生するクラスターである。佐々木恭子アナウンサー:まずこち...

ツイッターのコメント(5)

小学生も高校生、大学生も同じ。
マスクの正しい付け方をしていません。
さらに、1歩学校から出るとマスク外してワイワイ、ベタベタしてます。
まずはそこからでは?
「教育者の方ですとか、指導者の方々がそういうところをもう一度、よく考えて徹底する」と、言われましてもねえ。40人超すし詰めの教室、どうしろと?少なくとも部活はちょっともう、縮小すべしよなあ。何で大会なんか、やるのか。
◆FNN 8月12日 より。
いや、むしろこういう事が起こらないと想定して学校を再開した政府ありえなさ過ぎだし。普通に考えればわかるでしょ?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR