TOP > 国際 > 河野防衛相が中国の尖閣での「執拗な行動」を批判 防衛白書で北朝鮮・韓国の記述にも変化が

河野防衛相が中国の尖閣での「執拗な行動」を批判 防衛白書で北朝鮮・韓国の記述にも変化が

河野太郎防衛相は14日の閣議で2020年版防衛白書を報告し、その後の記者会見で中国に関し、尖閣諸島周辺などでの「執拗な行動」など一方的な現状変更の試みを行っていると批判した。2020年版の防衛白書では、新型コロナウイルスの拡大に関連する各国の動向に触れ、「自らに有利な国際秩序・地域秩序の形成や影響力の拡大を目指した国家間の競争を顕在化させうる」と警戒感を示した。特に中国については、医療専門家...

ツイッターのコメント(10)

口ばかりじゃなく行動しろ。日本が軍国主義化してるとか何とか言われるのを気にしてるのなら今更手遅れだ。真面目に国を守ってくれ。
撃てば最後の核保有推進すべき!
河野大臣、日本の防衛対策についての考えは纏まったのですか?
尖閣で有事が発生した場合の対策としては、"(例)撃たれたら撃ち返す"でいいのですか?
国民に周知を!
防衛白書でコロナに乗じた動き警戒 北朝鮮・韓国の記述にも変化が
>今年5月に中国公船が3日連続で尖閣諸島周辺の領海に侵入し、日本漁船に接近、追尾する事案も発生したことなどを書き込んだ。
>防衛白書に書くだけでなく海上保安庁には、リアルタイムでそうした動きが国民の皆様に伝わるように調整中でございますので、

こ、これは…!
さすが河野さん、国際情勢に合わせて的確に変えてますね。
河野さんの言う通りだと思います。
ポンペオも厳しい非難を公式にしましたし、対中共では妥協することはあってはなりません。
もちろん対半島も同じ事です。
⚡️防衛白書に書くだけでなく海上保安庁には、リアルタイムでそうした動きが国民の皆様に伝わるように調整中でございますので、そうしたこともあわせ、国民の皆様に、今、日本の領土領海で何が起きているのかしっかりご理解をいただけるようにしていきたいと思っております
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR