TOP > 社会 > 「父の無念を晴らすのが宿命」 横田めぐみさんの弟・哲也氏

「父の無念を晴らすのが宿命」 横田めぐみさんの弟・哲也氏

拉致被害者・横田めぐみさんの弟、哲也さんが、フジテレビの「日曜報道 THE PRIME」に出演し、「父の無念を晴らすのが宿命」と述べ、被害者救出に尽力する考えを示した。横田哲也さん「(父・滋さんの)無念を晴らすのが、わたしたち子ども世代であり、日本国民が負った宿命だと思っていますので、必ず結果を出したいと思っています」横田哲也さんは、亡くなった父・滋さんとめぐみさんの再会がかなわなかったことについて、「残念でならない」と...

ツイッターのコメント(10)

一人の日本国民として、拉致被害者家族の方には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。香港の事では、自由と民主主義が壊れると騒ぐ似非民主主義者達が、日本ではとうの昔に自由と民主主義などない事に気づかない。北朝鮮に拉致された被害者を取り戻せない我が国を憂いよ!
国民の皆さん、聴いてあげて下さい。安倍総理、与党議員及び特に野党議員。

父の無念を晴らすのが宿命」
安倍総理にも色々問題はあるけど、それでも拉致問題に尽力出来るのは彼と自民党しかいない。野党でその気のある奴居る?マニフェストに拉致問題入れてる奴居る?
違法操業している北朝鮮の漁船を拿捕や撃沈し、人質交換が最短コースでは?
無念を晴らし待ったなしで被害者奪還を実現し、北朝鮮と日本の国会議員にいる拉致を無いといい切っている売国奴を懲らしめなければならない。
今一度この声を聞き微力を呈したいと思います。
なんとかならないものか…
向こうよりも日本国内に
敵が多すぎる。
ふふふ。やはり、めぐみさんが死んでるって気づいてるね。
以上
 

いま話題のニュース

PR