TOP > 社会 > 菅原一秀前経産相 不起訴処分 「謝罪を考慮」

菅原一秀前経産相 不起訴処分 「謝罪を考慮」

秘書が選挙区内で香典などを送ったとして、刑事告発されていた菅原一秀前経済産業相について、東京地検特捜部は25日、不起訴処分とした。菅原氏は、選挙区内の支援者にメロンなどを配ったり、秘書が香典を手渡ししたりしたなどとして、公職選挙法違反の疑いで刑事告発されていた。特捜部は、菅原氏本人や秘書などから、任意で事情を聴いてきたが、25日、菅原氏を起訴猶予の不起訴処分とした。起訴を見送った理由について、特捜部は、「大半のケースでは本人が直接弔...

ツイッターのコメント(12)

3つ目に紹介した記事。



「"犯罪を認めているのに不起訴。法律の存在意義は?"という意見も見られる。果たしてなんのための法律なのか。と感じる。」〈続〉
リアル「御免で済んだら警察要らん」→
謝って済むならケンサツは要らん。
カニを配っても、
メロンを配っても、
香典を渡しても、

謝っちゃえば、オッケー!
美しい国、ニッポン!

「ゴメンで済むなら、検察はいらないんだよ!!!」
起訴猶予か。やらかしてたけどお情けで見逃してもらったわけか。
起訴猶予か。なんだこの扱い。
公選法違反したけど謝ったからヨシ!😺
え、なに?

謝罪すればオッケーなの!?
謝ったらええもんなんかいの。
🦀🍈さん。
“起訴を見送った理由について、特捜部は、「大半のケースでは本人が直接弔問していて、今回のは例外と位置づけられる。大臣を辞職して、会見で事実を認めて謝罪したことを考慮した」としている”
「謝って済むなら警察要らん」とよく子供の頃言いましたよね。
これも「前例」として記憶しておいていいのね。
以上
 

いま話題のニュース

PR