出口治明氏「ニューノーマルはかなりいい社会になるのではないか」 Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常⑪

新型コロナウイルスの感染拡大で、私たちの生活、国や企業のかたちは大きく変わろうとしている。これは同時に、これまで放置されてきた東京への一極集中、政治の不透明な意思決定、行政のペーパレス化や学校教育のI...

ツイッターのコメント(33)

日本が封じ込めが成功したのは、ある意味、日本人の同調圧力に習う悪しき習性が良い方に作用したというの納得性があるけど、決して喜べない↓
人と違ったことをやってはいけないという社会的な常識が生まれ、それがコロナの時にたまたまプラスに働いたのですね。
なるほど。

『出口治明氏「ニューノーマルはかなりいい社会になるのではないか」 Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常⑪』
「日本では「ともかく決めたことは守りなさい」という教育をされ、社会でも皆と違っていることは極論ですが白眼視されます。だから表面的に合わせておけばいいんだという気持ちになって、他者を思いやる気持ちが乏しくなるのではないでしょうか。」出口治明・APU学長
はるほど→他者を思いやる気持ちというのは、ダイバーシティ=多様性をベースにしていますが、日本は、社会に自分を合わせなければ住みにくい風土を…

出口治明氏「ニューノーマルはかなりいい社会になるのではないか」
同調圧力→出口治明氏「ニューノーマルはかなりいい社会になるのではないか」
出口さんのお話はロジカルでスッと入ってくる。
「僕は「国民性」という言葉が好きではありません。人間の意識や性格は社会構造や気候風土が規定する」いつも一貫性のある出口さん。 / 出口治明氏「ニューノーマルはかなりいい社会になるのではないか」
素晴らしい論考です。ぼくは最近思うのですが、企業経済の在り方も株式市場主義からよりサステナブル価値指標社会に移行すべきです。企業が従業員に課す毎年6%(仮)成長とか、そのための売上利益目標対前年比130%(仮)とかもう時代錯誤に感じます。MBOが主流になって欲しい。
コロナ禍でも見られる日本人の同調圧力は戦後の製造業の工場モデルが主因と。自分は淘汰される飲みニケーションおじさんなのかは気になるところ☻
かなり同感。
 
PR
PR