こどもの数が41年連続減 AIで対策も「こども家庭庁」の打つ手は

ツイッターのコメント(140)

「実際の制度と今のライフスタイル、社会のギャップを埋めていく」という、こども家庭庁の動向についても注視していきたいですね。
AIって。昔は障害者は生まれてこないと分からなかったことが多かったし診断されてないだけで明らかに発達や知的でも自分は普通だと結婚して子供を作ってもそのうちの1人が障害者だったりって人もたくさんいたけど今は結婚しても産みたくても産まない選択してる人もいる
「結婚」制度や「家族」にこだわりなくせばいいんじゃないかと
少子高齢化が問題視されてからずっと放置してきて、やっとくだらない役所を作り、名前だけには拘る愚かさよ。解決する気のない政治家を選び続ける国民が望んだ結果なのだけれど。
41年間減少ってことは、41年前に生まれた官僚連中の母親たちが何の問題提起も示さなかっただけって事じゃん。
そして、30代の官僚が何も思ってないなら、そりゃあもう滅亡しかない。
結局、女の育て方よ。
絶対にカネは配らない。
AIが、AIが俺たちを何とかしてくれる筈だ。
わかってない

優先順位は以下
優先1位:産みやすい環境を整える
優先2位:育てやすい環境を整える

それがわかってないから、なにやっても解決しないの理解して欲しい
"年齢や学歴、年収など希望の条件にあう人だけでなく、希望にあわなくても、価値観などの質問項目をもとにAIが相性の良いであろうと判断した人を紹介する。"
高望みすんなっと事?
なんで野田さんの危機感がAI婚活になるねん。
こどもの数が41年連続減。1950年代には人口の3割が子供→今は1割ほど。
少子化を受け入れることは不可能だろうか?そも、そこまで人口必要なのか。年金と医療費負担などを見直す方が確度高いのでは。
…でもやっぱ「子供が増えるくらい期待のもてる環境」がなきゃ先細りか。
> 子どもが生まれないのは女性の方に何かある、女性の問題だと矮小化されてきた

女の問題に決まってるやろ。リプロダクティブ・ライツって知らんか?
女が決める事なんだから女の責任。
 
PR
PR