コロナ禍で出会いは“マッチング”に移行? 一方で「性目的」「写真詐称」トラブルも…利用者に聞いた経験談

11月特集は「夫婦のカタチ」。結婚もまずは出会いからだが、職場で気になる人がいる、共通の友人から紹介…などのパターンを思い浮かべることも多いだろう。そんな常識が変わってきているようだ。恋人探しにおける...

ツイッターのコメント(6)

>実際に「相手の家族の病気の治療費を貸してほしいといわれた(30代・男性)」「10年以上前の写真をプロフィール写真に使っていた(30代・女性)」などの声もあったという。
まずは、調査方法について教えてほしい。方法がわからないと結果の判断はしづらい。
コロナ禍で出会いは“マッチング”に移行?一方で「性目的」「写真詐称」トラブルも…利用者に聞いた - FNN(11/8 11:40) …しにおける出会いが、コロナ禍で現実社会から「マッチングサービス・アプリ」に移行する…
結構どこにでもマッチングアプリの広告が派手に載ってんの、
国が少子高齢化対策で裏工作してると思ってるが、
残念ながらそんな思惑とは別にフリーセックス化が進むだけです。

まああらゆる性文化が発展多様化していくのはそれはそれで学術的に興味深いが、童貞は減らない
んー、それでもマッチングアプリには手を出そうとしない自分がいるわけで。多分合わないだろうなーって思ってしまってるのですよ、ハイ🙋‍♂️
以上
 
PR
PR