「東京を爆速でDXせよ!」ヤフー社長から転身した宮坂副知事730日の闘い【新型コロナウイルス編】 就任早々始まったコロナとのデジタルな闘い

東京都庁のDXを主導する宮坂学副知事。ヤフー社長から転身して都庁のデジタル化に四苦八苦していた宮坂氏を待ち構えていたのは、新型コロナウイウルス対応だった。医療現場のデジタル化の遅れを見た宮坂氏は・・。...

ツイッターのコメント(5)

「お客さんからの問合せを受けるのは、“改善の栄養”」素敵フレーズに出逢えた。お客様の困り事を同じ目線で見て、栄養をたくさんとって成長しよう。

「東京を爆速でDXせよ!」ヤフー社長から転身した宮坂副知事730日の闘い【新型コロナウイルス編】 | FNNプライムオンライン
結局、目先の対症療法しかできない人材だったんですね>

「東京を爆速でDXせよ!」ヤフー社長から転身した宮坂副知事730日の闘い
「東京を爆速でDXせよ!」ヤフー社長から転身した宮坂副知事730日の闘い【新型コロナウイルス編】 | FNNプライムオンライン
「デジタルは共通化、データ共有しなければ意味がなく、足し算もできない。デジタル分野に“東京モデル”は要らない。“日本モデル”1つでいい。」というのはもっとも。
各地域が共通のフォーマットを使ってデータを入力したら国の総計が即座に出るというものでなければ。
今の仕事について2年に区切りに。職員と一緒に力を合わせて行政のデジタル化という未知の世界を試行錯誤しながら探検してる感じです。まだまだ未開拓領域だらけですが都庁のデジタル化の現状を取材いただきました。
以上
 
PR
PR