【速報】「衆院解散」で対抗見送りへ 内閣不信任案に菅首相「粛々と否決したい」

自民党の二階幹事長は6月15日の記者会見で、野党が提出した菅内閣不信任決議案の扱いについて、菅首相との協議の結果、衆院の解散で対抗することは見送り、粛々と否決する方針を明らかにした。二階氏は菅首相と電...

ツイッターのコメント(57)

解散して返り討ちにするんじゃなかったの⁉️
出た、「粛々と」wwww 政治家が「粛々と」を使うときは策が失敗して、負け犬状態で、恥ずかしくて偉そうに吠えることができないときwwwwwwwwwwwww
「最終的に総理から粛々と否決したいというご判断がなされた」 いやいや行政府の長が立法府の出した不信任案に「粛々と否決したい」なんて本当に言ったのなら、大いに問題じゃね?

-
衆院選まで、あと数カ月の猶予頂きました。
粛々と 財源チラシ拡散、各団体様及び個人様との連携を進めます🔥
この見出し、解散するように見えちゃう。
まじ菅政権にはすべてにおいてウンザリだ👎
チキンレースにあっさり負けた菅内閣。もはや死に体。五輪開催、狂喜乱舞の余韻で9月解散、バカ政権は勝てると考えてるようだけどその浅知恵が有権者に通用すると思ってるなら甘いね。
二階はやりたかったのか?ブラフだよな。
政権交代まであと少し。秋には政権交代のための総選挙が行われます。
皆さん投票に行きましょう。
このタイミングでの内閣不信任案も意味不明だし、解散いつまで遅らせるつもりなんだというのも意味不明だな。茶番だ。
 

 
PR