TOP > 国際 > 【解説】イスラエル・パレスチナ紛争 メディアが伝えない4つの事実

【解説】イスラエル・パレスチナ紛争 メディアが伝えない4つの事実

「『どうして1歳の息子まで』 ガザ空爆、死者120人超」「ガザ空爆で住宅倒壊、子供含む40人超死亡」「イスラエル軍が報復でガザ空爆、子ども含む24人死亡」。これらは日本のメディアがイスラエルとハマスの...

ツイッターのコメント(30)

いや、全然パレスチナ🇵🇸寄りの報道がされてるとは思えませんが... この方何言ってるの?
富士山系、こんなもんを流したのか>
今起きているイスラエルとガザ地区での紛争について、偏向報道にどっぷり浸かってしまっている日本人は読んだほうがいい。わかりやすいし目から鱗が剥がれます。
飯山さんの解説でしたか
非常にわかりやすいです。
後日虎ノ門でも解説されることを望みます。
「イスラエルを武力攻撃しているのはハマスというイスラム過激派テロ組織であり、一般のパレスチナ人ではない…武力衝突がイスラエルとパレスチナ人一般の衝突であるかのように伝える報道は不正…」/
凄い偏見…。イスラエルのやっていることは、逆にあなた目をつむっていますよね…
イスラエル 対 ハマス 対S パレスチナ の問題を感情論で吐き捨てるする前に、この地域に対する報道のあり方を議論して欲しいなぁ、とイスラエルに住んでいた身としては思うところです。
「ガザ封鎖の直接的原因を作りガザの人々を抑圧している直接の『犯人』はハマスである。」
執筆者に関してのたった1つの事実。
イスラム思想研究者と言いながら、反イスラムのみを支持し、イスラムの悪いイメージを日本に広めることで収入を得ている残念なお方。
テロ組織だとしても子供や高齢者を犠牲してはいけないというのはあるが、それは置いておくとして、今回の個人的な焦点は次に書くようなものだと思う。
おおむね同意見。ガザ空爆を受けることはハマスにとって利益になっている。
ハマスがいなければもっと和平は進展していた。日本人には想像もできないような狡猾な生存戦略を使ってるのがハマス。
パレスチナ問題について、とてもわかりやすく解説されている。
ほんとこれ
全バレしててもやることは同じなん。
こういう意見がかなりの賛同受けるようになったので、マジで時代が変わったと思います
なんでイスラエルがここまで嫌われているのかね?
サヨクマスゴミの偏向報道。

FNNプライムオンライン: メディアが伝えない4つの事実.
日本のメディアが伝えないイスラエルとパレスチナの真実!
新聞・テレビといった、マスメディアよりもわかりやすい解説。
こうした論考が日本のイスラム思想研究者から出てきたことを歓迎します。日本の他のメディアでもこうした事実を明るみにし、問題の本質を伝えてくれることを望みます。
NHKの国際ニュースを見ていると、たしかに一方的にテロ集団であるハマスを正当化している。NHKの解説はあきらかに反イスラエルだ。イスラエルの建国そのものを認めない、それこそがユダヤVSアラブの争いを生み出した諸悪の根源というニュアンスの解説も行っている。
・イスラエルを武力攻撃しているのはイスラム過激派テロ組織
・「貧困ビジネス」で財をなすハマス
・ハマスとメディアは「グル」
・イスラエル・パレスチナ紛争は「宗教戦争」ではなく「領土問題」
ハマスやネタニヤフを排除してもさらに強硬な武装組織や政府が台頭するって言われてるからどうにもならん…。
イスラム思想研究の飯山陽氏がガザ衝突を解説。日米EUがテロ組織に指定するハマスが無差別に行う攻撃を無視し、イスラエルのハマス拠点攻撃への非難報道はバランスを欠いていると。日本メディアは長く中・朝応援だったようにハマスの味方。だがハマス=パレスチナ人ではない。
イスラム思想研究者の飯山陽さんの解説。パレスチナ側を一方的にかわいそうな被害者として取り上げるメディアはハマスという悪辣なテロ組織のお先棒を担いでるようなもの。
どんな言い訳しようとパレスチナ人にとってイスラエルはテロリスト相当だから
これが正しい論説でしょう。
イスラム思想研究者の飯山陽さんの投稿記事
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR