TOP > 政治・経済 > ミャンマー国軍のヘリ撃墜 18大使 拘束記者らの解放要求

ミャンマー国軍のヘリ撃墜 18大使 拘束記者らの解放要求

ミャンマーでは、少数民族の武装勢力が国軍のヘリコプターを撃墜するなど、衝突が激化している。地元メディアによると、ミャンマー北部のカチン州で3日、少数民族の武装勢力「カチン独立軍」が、国軍のヘリコプター...

ツイッターのコメント(11)

"しかし、ジャーナリストの北角裕樹さんが拘束されている日本は、この声明に加わらなかった。"

うん日本?
あいうえお
「ジャーナリストの北角裕樹さんが拘束されている日本は、この声明に加わらなかった。」
カチン軍の戦果
日本はこの声明になぜ加わらなかったか。説明せよ‼
こんな軍事革命が許されるのだろうか?
中国は、これを肯定するのか!
ミャンマーに駐在する18カ国の大使が3日、拘束されている報道関係者の即時解放などを求め、声明を出した。
しかし、ジャーナリストの北角裕樹さんが拘束されている日本は、この声明に加わらなかった。
各国大使による記者達の開放要求に日本が加わらなかったことは軍の非道を容認したと受け止められるだろう
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR