TOP > 国際 > ブイにしがみつき7人漂流 石垣島沖で中国籍船が転覆 第11管区海上保安本部

ブイにしがみつき7人漂流 石垣島沖で中国籍船が転覆 第11管区海上保安本部

第11管区海上保安本部によると石垣島の北約330キロメートルの海上で転覆した中国籍船が見つかり、付近で漂流者7人を発見した。2日午前8時49分頃に遭難警報の連絡を受け那覇航空基地所属の固定翼機が調査確...

ツイッターのコメント(45)

ところで、これ 見つかったんだろうか
逃してたらまずいやつじゃないの?
立場が逆なら、中国海警は救助などせず、機銃掃射を浴びせる。
8人頑張れ。海上保安庁急げ。
これは海難偽装ではないのか。
この写真を見て違和感がした。
海保にUS-2配備してりゃ速攻で救助できたかもね、自衛隊だから国際問題になるから出せなかったのかな、岩国基地からだと直行しても帰りは那覇で給油できるから行けたんじゃね・・・?
案の定こういうのを助けるなと言っている連中がいて呆れる。スラバヤ沖海戦の電の工藤艦長が泣くぞ。
中国漁船に5人が救助、5人が行方不明の既報だが、問題は「石垣島の北方約330㌔」の沖合報道。石垣島から尖閣まで約170㌔だから魚船が転覆したのは中間線の距離になる。漁船は暫定の「境界線」を越えなかったことになる。日本の領海論が吹き荒れているが冷静になるべきだ。
これ中国人だから助けなくて良いっていう人いるけど、日本が助けるだけで世界に日本の勢力圏だと主張できるから率先してすべきなんだよな。逆にここで中国が助けに来たらそれはここは中国の勢力圏ですと認めるようなものだかし。
漁船のふりをした兵士だったらこわいな。
いつか、そうなってもおかしくないだろうからね。
海上保安庁がこの場所で中国人を救助する意義は大きいのだけど

これが本当にただの漁民なのか民兵なのかそれとも何か目的があり
ヤラセ事故なのか、そういった所が分らない

救助後は身元をキッチリと調べてほしいね

まぁ お人好し日本政府は取り調べもせずに帰すだろうけど
日本の海域だから絶対海上保安庁が助けろ。中国海警局の船を近付けさせるな。後、尖閣周辺は常に巡視船をつけた方がいい。同海域内で同じ事象が多数起きるだろう。
中国海警に先越されなくてよかった。海保ナイス👍
照準合わせてるみたいで二度見したわ
4時間前でこれなのにあえてそうは書かない
NHKの優しさ(アカの調教)よ🤔
短絡的な人が山ほど湧いてるけど、海保が救助する=日本のコントロールしている海域であることを示すわけだからな。出遅れて中国側が助けに来た方が話がこじれる。
>:
中国船が転覆???
国家じゃなくて??
本当に害悪でしかないな
日本の領海内なので日本に救護の義務がある。故に相手が領海侵犯でも密漁船でも救護すること自体がそれなりのメッセージになるのよね
盗っ人に追いゼニだなあ笑笑
天候の悪い中、よくそれを見つけられたな

>
<尖閣へ上陸する訓練だろw中国がよくやる手口だよw
生命危機を助けたところで仇で返す人間が家族にたくさん居すぎてほっとけと思ってしまう俺
(沖縄テレビOTV)
中国の漁民に見せかけた工作員が意図的に転覆→尖閣諸島に上陸→救助の名目で中国海警隊が尖閣に上陸→そのまま実効支配&既成事実化って絶対ありえるよね。
漂流はわざとだろ。日本が救出してるスキに尖閣上陸の時間を計測してるんだろ。中国は。
海保のみなさん頑張って下さい。
遭難したの石垣なんだ。じゃあほっとけよ。
中国が自国領だと言い助けに来るって手筈だったん?
(沖縄テレビOTV)
言いたい事はあるだろうけど、先ずは人命最優先!
何をしていたんでしょうかね。。。
ロシアなら、機銃掃射。
フィリピンなら、爆破。

日本政府は少し見習った方がいい。
(沖縄テレビOTV)
人命大事仕方ない海上保安庁の仕事
無事に生還祈ります🤞
中国の海警は竹島付近で圧力掛けてるくせに、自国の転覆漁船は見殺しか?海保は助けるんだよなぁ、しょうがないもんな。人道的処置だもんなぁ。
(沖縄テレビOTV)

人命第一ですね。
ほっとけよ。

国に返せよ。日本に入国させるな。
これが尖閣で起きたらどうすんの?
リアルに漫画「空母いぶき」の設定よう。このあと尖閣に上陸して日本の救助を拒む。そして中国軍が上陸する。八重山諸島のレーダーを破壊し尖閣の所有権を盾に住民を人質に!怖い!
>2日午前8時49分頃に遭難警報の連絡を受け那覇航空基地所属の固定翼機が調査確認にあたり発見したもの。中国側からの情報では船は漁船とみられ、乗船者数は10人だという。
ん?石垣島の北約330キロって、ちうごく海警局が近くにいるだろ。

そうか海保が救難作業中に尖閣上陸する気だな?知らんけど😷

⚡️ブイにしがみつき7人漂流 第11管区海上保安本部

現在巡視船3隻などが救助へ現場海域に向かっている
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR