コロナウイルスとの「総力戦」 イスラエルが世界最速ペースでコロナ・ワクチン接種を実現させた理由

2020年12月から、イギリスやアメリカを初めとする各国でコロナウイルスのワクチン接種が開始された。中でも、世界最速ペースの接種で注目されているのがイスラエルだ。中東の国イスラエルの人口は925万人で...

ツイッターのコメント(14)

イスラエルでは18歳の国民全員に医療保険への加入が義務付けられており、個人情報がデジタル管理されている。ワクチン接種が可能になった人にはメールやメッセージで接種の予約をするよう通知が行き、予約を忘れた人もあとから予約を入れることができるシステムが構築
国家としての緊張感が違いすぎるよね、平和ボケ日本とは。それが幸せな事かどうかは、また別な話だけど。
イスラエル! ワクチン! ワープ スピード!!
新型コロナウイルスワクチンの接種率19%という高率は、『ワクチンという予防医学が国防』という意識が高いイスラエルならでは
これがあるからディストピア好き過ぎる
飯山さんの寄稿。

《イスラエルで今展開されているのは、政府主導のもとに全国民と軍が一致団結し、コロナウイルスという敵と戦う「総力戦」なのだ。》
日本もワクチン導入後
入院中の患者 疾患のある人 医療従事者 医療ケアの必要な障がい者

一都三県 北関東南部在住者

続く
これは良記事なので皆さん読みましょう!!
飯山陽女史にブロックされてる理由が全く心当たりないんだが…
流石常在戦場国家イスラエル。コロナ対策でも緒戦は押されたものの果敢に反撃し勝利を収めた第四次中東戦争のごとき奮戦を見せている。
・イスラエルの人口は925万人で、東京都の人口よりも少ない
・2021年1月5日時点で既に人口の約16%に対する第一回目の接種が完了
・インターネット上にある「反ワクチン」情報を当局が検閲
・ワクチン接種が可能になった人に予約をするよう通知

経済への影響はどうなんだろ?
「強いリーダーシップ、戦争状態という国情、医療システムの高度なデジタル化」イスラエルがコロナ・ワクチン接種の「先進国」となった背景。
以上
 
PR
PR