TOP > エンタメ > 『リーグ・オブ・レジェンド』新“名誉システム”に込められた意図とは? より健全なゲーム環境を求めて【GDC 2018】 - ファミ通.com

『リーグ・オブ・レジェンド』新“名誉システム”に込められた意図とは? より健全なゲーム環境を求めて【GDC 2018】 - ファミ通.com

10コメント 登録日時:2018-03-26 07:29 | ファミ通.comキャッシュ

会期4日目となる22日にはライアットゲームズのシニアテクニカルデザイナー、キンベリー・ボール氏による『リーグ・オブ・レジェンド』の新“名誉システム”の開発プロセスを振り返るセッションが行われた。...

Twitterのコメント(10)

のマルチにも導入して欲しい..
リーグオブレジェンドの新名誉システム
おおん、さすがRiot。すごい・・・
大変に興味深かった。
書いた記事が届けたい人に届いたっぽいのでおおむね満足している。今後はこういうのもっと読ませろという場合は、記事のシェアよろしくです。需要が可視化されると供給は増えます
ソロレーン好きは人格破綻者ってのは定説です。
コミュニティが健全に機能するための指針作りは非常に勉強になる。
・行動の促進:コミュニティーが大事だと思うことが強調されるようにゲームをデザインすること
・結果の提示:明確に、継続的に、適切なタイミングで結果が示されること
・環境:“プレイヤーに期待される行動”を定義する状況のこと
「名誉システム」か。中国の芝麻信用といい個人信用の可視化的な動きが気になる。【GDC
読んだ。とても良い記事だった。
対戦ゲーム全てで参考になる良い記事
以上

記事本文: 『リーグ・オブ・レジェンド』新“名誉システム”に込められた意図とは? より健全なゲーム環境を求めて【GDC 2018】 - ファミ通.com

関連記事