TOP > 国際 > 「家族やペットまで脅迫を受けた」米GSA長官がバイデン氏に書簡

「家族やペットまで脅迫を受けた」米GSA長官がバイデン氏に書簡

39コメント 2020-11-25 00:43  www.epochtimes.jp

米連邦政府の一般調達局(GSA)のエミリー・マーフィー長官は11月23日、大統領選の民主党候補であるバイデン前副大統領に書簡を送り、政権移行プロセスを開始する用意があると示した。その一方で、長官は書簡...

ツイッターのコメント(39)

2020年11月14日、トランプ大統領の支持者らはネバダ州議会の前で集会し不正投票を抗議した(曹景哲/大紀元)
▼1. 米連邦政府の一般調達局(GSA)のエミリー・マーフィー長官は11月23日、
これが、米国民主党の支持者のやり方です。
「わが国への揺るぎない献身と忠誠について、GSAのエミリー・マーフィー氏に感謝する。同氏は嫌がらせを受け、脅迫され、罵られた。私は、同氏やその家族、GSAの職員がそうした目に遭うことを望まない」
トランプ陣営の弁護士も、さまざまな脅迫や嫌がらせを受けている。
マスゴミは見て見ぬふり...
なんの為にマスメディアを職業なな選んだのか...
こんな事が、絶対に許されてはいけないよな‼️
こういったニュースを流さない日本のマスコミは、脅迫や脅しをしている卑劣な輩と殆ど差がない!!
彼らがこの件に対しメディアとしての仕事を放棄=その脅迫や脅しを肯定していることと同じだと思うから!
バイデン派😰酷い

政権移行プロセス
『…「私に早急に決断させるため…私はオンライン上、電話や郵便で、私自身や家族、スタッフ、ペットまでも、身の安全に関わる脅迫を受けた」と明らかにし、「何千もの脅威に直面しても、私は常に法を守ることに専念している」とした。』
これはとても酷い話だ
こんなことはあってはならないことだ❗️
どこまで卑劣なのだ?!ネット上や郵便物での脅迫が主だとのこと。
バイデン利権に群がる(習近平含む)連中の残虐性がここでも。
これを報じないマスゴミは脅迫をしている奴らと同罪とみなしていいかな。だって、これまでトランプ大統領をこれでもかと非難してきてるんだから。
脅迫はあり得るだろうけど、ペットまでとは尋常じゃない。手段を選ばず、なんだろうか。酷いな。
みなさん、左翼こそ暴力集団では?。
?「手段は選ばない、早くバイデン政権を立ち上げるある」
<米連邦政府の一般調達局(GSA)のエミリー・マーフィー長官>

「ペットを脅迫してはいけない」(僕記者
銃を持つ権利を認めなければ米国では自己の身の安全は図れない。銃の所持を全面的に禁止などということを主張する輩は中国共産党の手先か。
バイデン候補(民主党)に書簡を送り、政権移行プロセスを開始する用意があると伝えた。その一方で、長官は書簡の中で、自身と家族、「ペットまでも」様々な脅迫を受けたと明らかにした。
日本の国会前で騒いでる人とか
沖縄の基地前で騒いでる人とか
それと同じだね
米国のパヨクも

共産主義って怖いね
こうやって脅迫を含む暴力的な手段で既成事実を積み上げようとする民主党側は何に焦っているのでしょう?
パウエル女史、聖書級訴訟まだぁ?
共産主義者は手段を選ばない
邪悪な民主党を許してはいけない。
中共と同じやりです。
こういったことをする側の人が大統領になったらどうなるのでしょうか。
〈宗教メディアとリテラシー〉

米GSA長官がバイデン氏に政権移行手続き開始を認めた。
陰謀論好きの私の家族が「この人は脅迫を受けてるらしい」というので「GSA 脅迫」で調べると、大紀元の記事しか出てこなかったので仕方なく読んだ。しかし、追加で調べたところ→
民主党支持者の質的問題。しかし、移行の他にも手段があったはず。
金と暴力で、変えられるほど、まだニンゲンは愚かではない。
〜 フェイクニュースを見るのをやめましょう! 〜真実を報道する ”大紀元 エポックタイムズ・ジャパン” を見て下さい!
米国大統領選
バイデン陣営のえげつない関係者家族への脅迫など目に余る。
民主主義は、このまま社会主義に破れて香港やウイグルのような悲劇が世界中に広まるのか?
バイデン陣営から政権移行の承認を要求されたエミリーマーフィーGSA長官は「オンライン上·電話·郵便で、私自身·家族·ペットまでもが、身の安全に関わる脅迫を受けた」と公表。殺害予告まて受けていた様子。
米GSAが政権移行の判断をした理由。
民主党の卑劣極まりない、数々の手口。
既に民主党は共産主義組織と言っていいだろう。
<「家族やペットまで脅迫を受けた」米GSA長官がバイデン氏に書簡:大紀元

>極左団体のリフューズド・ファシズム(Refused Fascism)はGSA庁舎の前に5つの遺体収納袋と「エミリィ・マーフィーは移行資金を承認しなければならない」と書いたポスターを並べていた
(GSA長官ばかりでなく)トランプ陣営の弁護士も、様々な脅迫や嫌がらせを受けている。
長官は書簡の中で、自身と家族、「ペットまでも」様々な脅迫を受けたと明らかにした。長官は、圧力の下で早い段階でこのような決断をしなければならなかったと説明した。

【ペットまでとは…💢】
中国共産党と同じ、力による弾圧は許せない‼️
バイデンや民主党は下衆


私はオンライン上、電話や郵便で、私自身や家族、スタッフ、ペットまでも、身の安全に関わる脅迫を受けた。
こいつらが犯人か!

極左団体のリフューズド・ファシズムはGSA庁舎の前に5つの遺体収納袋と「エミリィ・マーフィーは移行資金を承認しなければならない」と書いたポスターを並べていた。
脅迫してまで急いでいたのは、
何故だろうねぇ~~~😁😁
米連邦政府の一般調達局(GSA)のエミリー・マーフィー長官は11月23日、大統領選のバイデン候補(民主党)に書簡を送り、政権移行プロセスを開始する用意があると伝えた。その一方で、長官は書簡の中で、自身と家族、「ペットまでも」様々な脅迫を受けたと明らかにした。
やることが腐ってるね、バイデン陣営
こんなのがホワイトハウスに入ったら、アメリカも終わる、日本も終わる、世界が終わる。
ペットに脅迫って‥
本当汚いやつらだな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR