新疆の収容施設で製品製造か 米企業、中国サプライヤーと取引中止

Tシャツや大学物販で製品を卸す米国のアパレルメーカは、衣類が中国の強制収容所の収監者の労働により製造されていたとの調査報道を受けて、中国の製造会社との関係を断った。

ツイッターのコメント(13)

ウイグルはどうなっているんだ?強制収容所では 強制労働→臓器売買→人体の不思議展示又はミンチ(食肉)人間の所業とは思えないナチを越えている。
日本も同様に規制をかけるべき



米国法では強制労働による製造品の供給は違法であり、米国税関・国境警備局による差し押さえの対象となる。
メイド・イン・チャイナが安い理由の一つか。
ウイグル人を強制収容所に入れて、死ぬまでタダ働きの強制労働をさせて製品を作らせていれば人件費なんてないわなそりゃ
こうして歯が抜けるように、中国と欧米社会との繋がりが薄くなっていくんだろうね。

高級車がわがもの顔で走る北京の街も、自転車と人民服の北京に戻る可能性だって考えられる。
ユニクロ激震? アメリカの衣料メーカが中国からの輸入を停止!ウィグルの強制収容所で製造されていたため(epochtime)「強制収容した人々に強制労働」なんて中国のやってることはナチスと同じ。中国で委託生産している日本企業は大丈夫かな?日本企業は中国と絶縁すべきだ。
米国の加速度ついてきました。
. Tシャツや大学物販でスポーツウェアを卸す米国のバジャー社は、製品が中国の強制収容所の収監者により製造されていたとの調査報道を受けて、中国の製造会社・和田泰達との提携関係を解消した。
1/11、中国系のメディア・大紀元が日本語のAP記事(下記)を報道。
大紀元は世界30カ国以上のグローバル・ネットワークで中国の国営企業ではない。

日本語による犬HK等の大手メディアは情報鎖国中。

【大紀元】新疆の収容施設の製品、
鉄のフェンスに囲まれた和田泰達の工場には数百台の監視カメラが設置…工場周辺には数十人の武装した警備員と番犬が監視…工場内に宿舎、倉庫、作業室と学校など30棟ほどの施設…大勢の男女が中で縫製作業…
米国法では強制労働による製造品の供給は違法であり、米国税関・国境警備局による差し押さえの対象となる。
Tシャツや大学物販でスポーツウェアを卸す米国のアパレルメーカー
新疆ウイグル自治区の収容者は強制労働を
米国法では強制労働による製造品の供給は違法であり、米国税関・国境警備局による差し押さえの対象
あーやはりこれある種のイエズス会強化村=プランテーション=オウム真理教上九一色村だな。おかしいことが起こる場所は全て例のJeusit Reductionが絡んでいる。まさに研究すべきだ。
以上
 
PR