TOP > ネタ・話題 > マンガ家『藤田和日郎』 何を思ってどう仕事している? - イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」

マンガ家『藤田和日郎』 何を思ってどう仕事している? - イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」

59コメント 登録日時:2020-02-14 11:59 | ジモコロキャッシュ

『うしおととら』、『からくりサーカス』、『月光条例』、そして現在は週刊少年サンデーにて『双亡亭壊すべし』を連載中の漫画家、藤田和日郎先生。アニメ化された時の気持ちや仕事のやり方などを聞きました。...

ツイッターのコメント(59)

うしおととらは読んだ方がいい
凶羅と鏢と流兄ちゃんのとこでいつも泣く
実家のうしとらが読みたくなった(´◉◞౪◟◉)
これはすごい、、
このライターさんは漫勉を観てないのか?
修正ペンにもっと!!突っ込もうよ!!テンションとしては「出た〜〜〜〜〜神器〜〜〜〜〜!!」だよ!!
噂のやつだよ!!
自分も藤田先生超好きだし
双亡亭壊すべしも全巻追ってるし
これは最高のインタビュー記事だ
ぞうむしさんが羨ましい笑
頑張り&優しさエンタテイメントの巨匠…!
藤田先生のインタビュー✨
面白かった!!
藤田先生カッコいいぜっ!!
いろんな漫画家にたまには「読者ウケなんて知ったこっちゃねえ」ってコンセプトで好き放題の読切か短編を描いてもらいたいような。
長く続いてる人ってこれができてるんだろうなあ。>「自分が好きなものをできるだけ興味を持ってもらえるように、いわば通訳みたいに伝えることも大事ですね」
あとで読みたい。
ちらっと見たら、ぼくつき初代担当さんが照れてる姿が載ってた(笑)
最高でした
終始一貫徹頭徹尾「好き」が詰まって漫画を描いてる人
カッコいい
数年前の日曜美術館の曾我蕭白の回にゲスト出演してたけど、話が面白かった記憶
このインタビューも読み応え有り
この人の漫画好きなんだけど長いからなかなか機会が無いw
努力した人には普通に報われて欲しいし、「そのままでいい」的なのは全部嘘だとわかってるし、元々似たような思考回路だから私は藤田先生が好きなのかもしんない
藤田先生のお仕事への取り組み方や漫画への姿勢もいいけど、デビュー作にファンレターを送った10人のうち1人が、30年ずっとファンで、ついにインタビューできた、というのもすごく良いな…
いい記事〜
洗濯物のGパンのポケットから千円札を発見したような気持ち
後で読む:
アツいインタビュー。伝わって来るなあ。 -
かなり濃い内容だった。
でも、2日かで原稿上げるのって、西森博之先生以外にいないのでは……
藤田先生のインタビューだ!読んでてとても面白かった!
先生の描く「成長」が大好きですね
いやすごいなほんと。
ぞうむしさん(@zoumushi6 )の藤田和日郎先生インタビュー読んだら久しぶりにまた名作“うしおととら”読み返したくなった。どの話も大好き。かまいたち3兄妹、鏢の最後の闘いが読みたい。
神の仕事事情だ!!!!!!!
ジュビロ先生インタビュー。いいお年なんだな。おれも頑張らねば。/
素晴らしいインタビュー記事だった!
ふぢた先生がジモコロに……!最高のバレンタインだ〜!!
やっぱり藤田先生の人柄が素晴らしい。靴下も可愛すぎ。
藤田先生の作品では月光条例が好きです!しかしこの経歴•年齢でまだまだ完成度を追い求める姿勢がすごいですね。何をするにしてもこうありたいものです。
藤田先生、人間的にも素敵なのが伝わってくる
藤田先生、ほんと凄いな…
インタビュアーのぞうむしさんも最後泣いてたけど、そら泣くわ😭
良すぎるインタビューだ。ほんと藤田先生好き
うしとらと双亡亭しか読んでなかったんだけど読んでて楽しかったとハッキリ言える記事だった
双亡亭アニメ化されたら最初の方の男女3人で双亡亭歩いてたら女の子がくそグッロくなる夢のシーンも再現されるんだろうな、何年後でもいいからみたい
ナイスインタビュー。双亡亭、読めてないうちに15巻も出てるのか。読まねばー
めっっっちゃよかった
「俺、自分に理想があるんだったら変わらなきゃ! やんなきゃ! という主人公ばっかり描いちゃうんですよ」ここ好き
週刊連載はやっぱ大変そうじゃな(´Д`) おもしろい話だった
同じペン先3〜4ヶ月使ってるってなんて経済的なんでしょう
漫画家と読者の殴り合い・・・凄いです!
後で読むぞ…!
絶対に読むぞ…!!
ちらちら見える原稿にどきどき。。。先々週のサンデーですね。。。
あとで読む|
この人の話聞いてると、漫画上手くなった気がするわ
漫勉の時もそうだったけど藤田先生のお話は興味深いし本当に面白い このインタビューも漫画を愛する人柄のいいおじさんがずっとニコニコしながら語りかけてくる感じ
とても面白い記事だったので是非に
すげぇ良いインタビュー記事。
インタビューアーが泣いちゃったのもわかるわ。
良いインタビュー。連載中の漫画読んだことないから、またまとめて読みたいな >
すごくすごく良い記事だった………………………………………………
とても魂がミクロマンと言われる人の言葉とは(笑)

「連載が終わったというのは自分にとっての解放だけじゃなくて、長く付き合ってくれた読者を解放してあげられた、という気持ち良さもあります」
マンガ家『藤田和日郎』

「アシスタントは『この人が欠けたら進まない』ということが無いように、全員にあらゆる部分を描いてもらってます。誰もが何を頼んでも描ける状態ですね」 さらりとすごいことをおっしゃる
なんて素晴らしい記事なのか。

うしとらの頃から 先生のファンなので、作品の根本に関わる話が聞けて大満足。読めて良かった。
今日ジモコロはなかなかそそる
藤田和日郎先生にインタビューできるなんて嬉しくて夢のような時間でした。取材時の温度と空気感をそのままお届けします!
以上

記事本文: マンガ家『藤田和日郎』 何を思ってどう仕事している? - イーアイデムの地元メディア「ジモコロ」

いま話題の記事