TOP > IT・テクノロジー > M1チップ搭載の新型MacはDTMに使えるのか? DAW、プラグイン、オーディオインターフェイスなど動作状況をチェックしてみた | | 藤本健の "DTMステーション"

M1チップ搭載の新型MacはDTMに使えるのか? DAW、プラグイン、オーディオインターフェイスなど動作状況をチェックしてみた | | 藤本健の "DTMステーション"

11月11日にAppleがM1チップ搭載のMacを3機種発表して以来、ネット上ではまさにお祭り騒ぎになっています。Macとして、とても安い価格でありながらも、ベンチマーク結果などでは既存のIntelチ...

ツイッターのコメント(49)

macbook買おうかと思ったけどこれ見るとちょっとまだ厳しそうだな〜〜
とても分かりやすい記事です>
ほうほう > macでDTMが使えるのか? の記事
最近のスマホが高すぎるもんだから新しいMacBookってすごく安く見えてしまう。
普段使うAdobeもOfficeもMacに対応してるし、DAWがネイティブ対応したら、25年間頑なに使い続けたWinから乗り換えちゃうかも…
iM1が macOSで動いてからでも遅くなさそう(=^>艸<^)/M1チップ搭載の新型MacはDTMに使えるのか? DAW、プラグイン、オーディオインターフェイスなど動作状況をチェックしてみた
想像以上に苦しそう。
macで「Intelよりはっきり重い」ってワークロードが一般向けベンチの世界で出たのは初めてじゃないかな?
M1チップ搭載の新型MacはDTMに使えるのか?という藤本健氏のレビュー。M1ネイティブに動かないアプリケーションはちょっと重いみたい。けどRosettaすげーな
あー…やっぱまともに動かないのね…
しばらく様子見だな…
もうちょい待ちかな
RMEのこういう素早い対応も信頼できる所なんですよね
Rosettaかなり優秀なんだなあ
iOS/iPad用アプリもMac用アプリストアに表示される。
実用的ワークロードの一部がもっさりしてるって声を聞いてはてブの民がみんな安心してるのそれはそれでどうなんだと思う
DTMアプリは起動しない、重いなど時期尚早な様子。
正式対応待ちましょう。
個人的には数多あるiOS向けのDTM/楽器アプリがM1に対応してくれるとM1-Macの購入意欲もわくんだけどなー
iOS向けの楽器アプリのコスパは抜群だからね。
知り合いの記者が「『M1は速い』しか言ってないダメな記事が量産されている」とぼやいていて、わからんでもないと思っていたけど、とりあえずDTM方面はきちんと検証されていた。やっぱり全体的にもっさりしているらしいけど、この結果を見るとCPUの熱対策かな?っていう印象。
ビデオは専用チップが複数あるみたいだけど、今回の製品群は、音については対応が追いついてないみたいね。。。
結論。

今の環境が落ち着いているので、Appleの言う「移行は2年で完了予定」に従って、2年後くらいに考えるようにする。

2019 iMac 21.5inch i7メモリ32で、ほぼDTMと動画ちょっとだけしかしていない。その時のために貯金。敵は毎年やってくるブラックフライデーと正月。
取り敢えずM1マシンは発熱がめちゃくちゃ抑えられているみたいですね。夏場の挙動に差が出そう。
現状こんな感じ。一通りネイティブ対応揃ったら快適に使えそうです。
現状だとDAWが動くかよりI/Oを認識してくれるかにハードルがある感じ
ベンチマークについての記事が多い中、これはより実作業にフォーカスした記事で分かりやすかった
ネイティブ対応したら化けるのが多そう
DTMで使うにはまだちょっと早いのかな。使えるものと使えないものの判断が今の段階だとつきにくい。
記事の投稿者「忌憚のない意見って奴っス」
他のネット記事とかだとデメリットなしでintel版以上的なイメージを植え付けられたが、これは正直な良記事
Macで音楽ソフトが動くかどうかの検証をされています。
これからBig Sur対応/M1対応が進めば速くなりそう。
良い記事|
M1+BigSurてiOSアプリつかえるんかまじか
iOS用の DXi 動くんだね。
「UADのApollo Twin MKII。UADソフトウェア v9.13をインストールしようとしたのですが、これがBig Surに対応していないためなのかインストール段階で非対応OSとしてはじかれてしまい使うことができませんでした(本文より一部編集)」

まだ購入、アプデは止めようと思いました
DTM用途で使うにはまだ十分ではないと言うことの様ですね。どちらにせよ購入は来年春の予定ではありますが。→
ぞもそもカタリナすら全てのメーカーが対応してないのに、これは本来対応してないが、の但し書き付きで回りくどく実験されても我々は乗り換えられない。

ただのパソコン実験マニアなら色々とやるやろ、って程度のいつものmac
MacのDTMではIntel版動かす場合、性能は落ちるということか。
これは参考になる。
---
しばらく待ちか
Appleは爆速と宣伝していて、GIGAZINEなどの提灯記事屋も高速と書いてましたけど、やっぱり実際は違う様子。
チェック →
マニピ用PCとしてはまだ待ちの段階っぽい。
あれ繋がなあかんこれ繋がなあかんのDTMはそら厳しいわな
ウチはlogicPROだからDAWは問題ないけど、オーディオインターフェース認識しないとかはキツイですね。やっぱりこの辺ハッキリする来年ですね。
超快適そうだけど今んとこ互換性が無いのでI/OどうにかしてLogic使うくらいか。/
これ読むと、いまのIntel iMacが現時点では最適解だなとなった
日本全国1億人のDTMer待望の記事。

>
さすが藤本さん、気になること調べてくれた。やはりRosettaでは重くはなりますか、しかし動くのと混在可はすごいな。
M1搭載MacのDTM周りをチェックしてくれていてありがたい限り…現段階では移行は難しそうですねー
DTMステーションに「 DAW、プラグイン、オーディオインターフェイスなど動作状況をチェックしてみた」をUPしました。ざっとしたチェックですが、各種機材、ソフトの動作状況を見てみました。そこそこ動くけど、問題もある…。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR