TOP > ネタ・話題 > ジョジョが教えてくれた「人生の忠告」 大切なのは真実に向かおうとする意志 :DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア

ジョジョが教えてくれた「人生の忠告」 大切なのは真実に向かおうとする意志 :DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア

56コメント 登録日時:2019-02-27 19:59 | DANROキャッシュ

今年に入って、いろいろと理由があってスコット・フィッツジェラルドの『グレイト・ギャツビー』(村上春樹訳、野崎孝訳、小川高義訳といろいろ)を読み返している。かの作品は冒頭が何より有名だ。それは「僕がまだ年若く、心に傷を負いやすかったころ、父親がひとつ忠告を与えてくれた」(村上訳、中央公論新社)と始まる。...

ツイッターのコメント(56)

@tenmayell_103 こちらで「敗れはしても、決して負けていないと描いています」とありますが、アバッキオにしてもリゾットにしても同じなんでしょうね、一矢報いる最後でした。
全アバッキオファンに読んで欲しい良記事です↓

【DANRO】
警官のにーさんのセリフは至高
なんやこの名文※ネタバレ注意
>戦う過程のなかで、その人間が何を選択するのかに僕は興味がある。人は死んで終わりではない。残された人に意志を残し、受け継がれていくというのが『ジョジョ』のもう一つのテーマなのです。敗北したとしても、誰かが意志を継いでいく。僕はそれを人間の美しさだと思って
荒木神やっぱいいな
人間讃歌は勇気の賛歌だ
科学者が人生を掛けて研究した結果が「この方法では上手くいかない」だった時に「上手くいかないコトがわかったって所に意味がある」って聞いて衝撃を受けた
「結果ばかりを追い求めると、どこか、仕事に対して嘘を混ぜることになってしまう。」

:DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア
学校では
国語・算数・ジョジョ・社会
みたいな時間割でもいいとおもう。
「大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている」
こういうひと(俺以外にも)いたんだ、、、
大切なのは『真実に向かおうとする意志』
「『結果』だけを求めていると人は近道をしたがるものだ……近道した時真実を見失うかもしれない」

「僕がやりたい仕事は自分なりに人や問題に接近し、言語化を試みて、その先に見えてくる『世界』を伝えることだ」
せやからSSR確定演出っぽい光にワクワクすることが大切なんだって!
(リンク先ネタバレあります)
何気なく読んだけど、この記事に出逢ってよかったな。
ジョジョを描いていらっしゃる荒木飛呂彦さんの作品にかける想いを知ることができたから。
6部承太郎の「人の心に
何かを伝えるというのは
すばらしい事だ。だが時として「カス」が残る「恨み」というカスがな…」
っていうのに全て詰まってると思う
↓インタビューのことについて書かれてます
アニメ見てる人はネタバレ注意。でも、いい記事。

死に方や敗け方が心に残る漫画は名作だという持論がある。あしたのジョー、北斗の拳、009、うしおととらなど有名な敗北や死ぬシーンがある。ジョジョは平凡な敗け方がない
Discover(Google)から
目的もなくただ興味のあることを見たり知ったりする甘美な大学生活を送っていた頃、ジョジョ5部に出会った。
4限も終わって暮れゆく中、部室で一人だったり、誰かがゲームをしているのを横目に。
スタンド編を始めたのは、究極の精神を描く為と記憶している。その事も関係しているのかな?
ジョジョすげえわ…
それなそれなそれな(ノシ ・ω・)ノシ バンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバンバン←
数々の名シーンや名言を生み出してきた漫画「ジョジョの奇妙な冒険」。男女問わず、幅広い世代に人気の作品です。ノンフィクションライターの石戸諭さんも「ジョジョファン」の一人。10代の頃は「熱中して読んでいた」そうです。そんな石戸さんの心に残っている名シーンとは。
“人は死んで終わりではない。残された人に意志を残し、受け継がれていくというのが『ジョジョ』のもう一つのテーマなのです”
自分はまさにこの理由でシーザー、花京院、アバッキオの最期が好きだ。
わかる。私も同じ場面を何度も何度も読み返している。
バズフィードなのに読ませる
流石ジョジョネタだな
結果がすべてだということに対してそれは否定しない。けれど、ぼく自身はたどりつくまでの道のりやプロセスの楽しさ、苦しさ、葛藤にこそ人が人たる所以があると思うし、見えないプロットを選択する醍醐味がある。荒木飛呂彦先生の人間賛歌のテーマにはとても共感おぼえます。
これこれ。ジョジョファンなんて完全に異端児たった。こんなに人気になるとは思ってもいなかったな、しかも女性に。すごいな!
釣りも一緒。結果だけを求めちゃいけない。過程って凄く大事だと思う。
アバッキオ…また1巻から読みたくなった。
すごく興味深いコラムなのですが、最終的に私が思ったことは『これからも自分の萌えを見失わずに創作しよう』ですた
久しぶりに良い記事読んだ
勝ち負けや、周りの傾向に流されるな。
真実に向かっていこう。
ジョジョの記事読んでたらいきなりネタバレされて立ち尽くしてる
あなた…『覚悟して来てる人』…ですよね
氏の著書を拝読したが、死者の数で被害の甚大さを伝えようとする報道に疑問を呈し、一つ一つの魂に寄り添おうとする姿勢に惹かれた。
(記事中にジョジョ5部のネタバレがあるのでご注意)
5部から後は哲学を感じる。5部の覚悟が道を切ら開くと、7部の納得のとこは大好きだ。
※テレビでJOJOを初めて知って、今5部を楽しみに見てる人はネタバレになるので今は読まないように。

でも、これは本当そう思うし、これがあるからJOJOが好きなのだと思う。
今にも落ちてきそうな空の下で。
大切なのは真実に向かおうとする意志。なるほどなぁ。漫画から「人生哲学」を学ぶか。確かに、そういうので、良い方向で自分に生かすのは、ええ事だとは思いますわね。
いまでこそ、テレビ番組の影響もあってか、多くの人がファンを公言している作品だが、僕が10代の頃は作品もファンも「異端」扱いされていた。

わかる
同年代だろうと思ったら、案の定だった。少し泣きそうになった。
私のスマホニュースにこの記事ピックアップされてたんですが全方向同意…。
アバッキオのあれは唯一の救いだった
ちょっと待って。すごい良記事。
大切なことはいつもジョジョが教えてくれる。
>「私は『結果』だけを求めてはいない 『結果』だけを求めていると人は近道をしたがるものだ……近道した時真実を見失うかもしれない」(『ジョジョの奇妙な冒険』第59巻より)
荒木先生とジョジョが好きって事はこういう事です。石戸さんが書くジョジョと荒木先生の事。本当に好きです。
唐突に泣きそうです。
な〜に、良記事書いてんのさ
ジョジョを読むとき、今度から考えて読もう。
アバッキオな…😢▶︎
第5部、ほんといい話なんだけどあーーーーんまーりだぁああああああああーってなってそっから読めなくなった
以上

記事本文: ジョジョが教えてくれた「人生の忠告」 大切なのは真実に向かおうとする意志 :DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア