TOP > ネタ・話題・トピック > DANRO > 1時間2000円...

1時間2000円の「レンタル彼氏」と1万円の「レンタル彼氏」を呼んで、比べてみました :DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア

236コメント 登録日時:2019-01-10 19:25 | DANROキャッシュ

みなさま、はじめまして。作家の内藤みかと申します。私はひとり身です。16年前に離婚して以来、恋人と呼べる存在がいないまま、ひとりで生きてきてしまいました。...

Twitterのコメント(236)

1時間15,000円のデリへル嬢と1時間80,000円のデリへル嬢を比べるようなものである。
@Rie_Suzaku5 出張ホスト云々は、これ読んでちょっと面白そうwって思ったのですが、まあ私には一万円は大金っす……。
う~ん⭐⭐⭐いい!!
まず現れたのは、2000円のホストさん。顔立ちは瞳が大きくイケメンなのですが、どこか薄汚れています。聞くと、家出中でネットカフェに寝泊まりしていて、そこのシャワールームで慌ただしく入浴している程度なのだとか。...
これは面白いし、勉強になる
1万円の彼のような仕事をしたい
面白い記事。
相手にどんな価値を与えられるかを意識する必要がホストさんにはあるんだろうな。
相手の目線に立って話せる人はどこでも高い価値を発揮できる。
お金を払って価値ある体験を得るのはこうゆうことだと思う
まさに「プロは人の心を動かす」
営業の世界も全く同じですよ。
プロは人の心を動かす
面白いなあ。このレポート。
値段が話題やけど、男の性格比べたら後者の方めっちゃイケメンなんよな。
なんというわかりやすい記事だ!!

僕もどちらかというと綺麗な男性に抱きしめられたい。
読んで感じた事は、やっぱりプロはやるべき事をやってるし、並々ならぬ努力をしてるって事。
非常に面白い。

どこの世界もトッププロは相手を喜ばせる天才。
現在ひとり身の作家・内藤みかさん(@micanaitoh )が、時給の異なる「レンタル彼氏」を呼んで比較してみたリアルなレポートです。「どちらとまた会いたいかというと、迷うことなく1万円のほう」という内藤さん。それはなぜでしょうか?
内藤さんの文章はいつも素敵。こちらも面白かった。
プロは人の心を動かす。
これ、エンタメの世界にも直結してるなと思いました。
おっさんもちゃんと考えていこうと思いました(笑)。
レンタル彼氏、そんなに価格に幅があるのかー。 / "12055201"
商売が続く真理の一つとして、そこだよね的な。
ナンパ師は向いてるんじゃないかな
← 2000円のレンタル彼氏でも欲しい人は幾らでもいるんじゃないかなあ。育ててみる、とか(笑)
営業でも何でも全ての仕事に通じること。

『人は、心を動かされたものに対しては、高いお金を支払ってもいいと思えるんですね。』

#営業
#レンタル彼氏
わかりやすいサンプルが届いた感じ。2,000円と10,000円のワインじゃ違いがわからないこともあるし。
男としての魅力だけではなく、稼げる男かそうでないかの違いも明快➡️
いつの間にか彼を応援したくなっていました。無理やり貢がせるのではなく、女性客が自らの意思でお財布を開くのを、彼は待っているのでしょう。

プロは、人の心を動かすんですね。そして人は、心を動かされたものに対しては、高いお金を支払ってもいいと思えるんですね。
見た目的に私も2000円側だと思いますが、想像力ですね。。
ふーむ、面白い
こんなキャッチーなタイトルを作りたいな。。。
内容も面白かった。確かに大きな違いがあったな笑
1時間2000円の「レンタル彼氏」と1万円の「レンタル彼氏」
1万円の彼は何かと尽くしてもらえたし、帰るときはコートも着せてくれて、とても心地よいお姫様気分を味わえた。彼は「次の予約まで、まだ時間があるから」と私と一緒にいたがる。延長料金もいらないと言う
心の隙間を埋めるサービス、ですかね。いまんとこ間に合ってるけど、パートナーに先立たれたりしたらありかもな。 /
1時間1万円ってすげぇ高い気がしたけど1分約166円か。意外と安いじゃんと思うか、アイドルの物販ってすげぇ高いのか🤔
どれだけ相手に価値を提供出来るか

その対価が金額に現れる

ちょっとした意識の差なんだよね

👇面白い記事
面白い…こういうブログ書きたい…🤔
まぁ一万円の人は良い男なんだろうけども、お金稼いで下北沢で古着屋ってのは凄くダメだと思うぞw

昔下北沢で古着屋を自分でやってて、今別の事業やってる立場としてとても「イケてない」選択肢だと思う。
この手の話は定期的にネットでもオフラインでも聞くので真理として捉えている。身だしなみ、清潔感、爪、みすぼらしい感じを出さない。営業、社会人とかの前に自分自身が嫌なので当たり前に気をつける。
この比較レビューは新鮮でした!
文章も流れるように頭に入ってきてさすがは作家さん。
私のような文章苦手なブロガーとは大違い。
なるほすぎる。

-  :DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア:
その実験をしてみようと思った筆者も凄いし、来た男性の料金差の納得感も凄いし、また「この女性は他人のこういう部分を見ているのか」という視点もまた、身なりが無頓着になりがちなオタク族として怖い文章だった… / "12055201"
・爪の黒ずみ
・シャツのシワ
・袖口のほつれ

細かい部分だけど、こういうところがおろそかになると女の人は一気に嫌悪感抱くよね。
なるほどね
営業マンとして肝に銘じよう。

⬇︎
プロは、人の心を動かすんですね。そして人は、心を動かされたものに対しては、高いお金を支払ってもいいと思えるんですね。
ほえーw 夢を語って気持ちよくお金を使わせるってすごくいい発想だな
変にケチると結局損をする。という良い例!おもしろい。
面白いな〜プロの心構えとはなんてるものかを考えさせられる…/
人は心が動いたときに高いお金を払っていいと思う
自然に応援したくなる
人の心を動かすサービスを心掛けたいな
女性目線の意見は大事だね

レンタル彼氏、面白いな
いろいろ示唆に富んだ良記事。
これ面白いなー(゚ω゚)やっぱプロは違うんだね。
なるほど!新たに知れて有難いなー🙇‍♂️
モテや恋愛だけでなく、仕事への向き合い方にも通じますね。良記事。
人の心の機微はすごくよく分かってるなあ。一流てどの業界も変わらず、人の心を動かすのですねえ。
1万円のホストのような仕事をしていきたいね。
だそうです。野郎ども!!
商品としての見せ方はホントに大事。

この話の中で出てくるナンバーワンホストだって、実はネットカフェで寝泊まり生活しているのかもしれない。

それでも、仕事ではそんな隙を見せもしない。これがプロ。
レンタル彼氏呼ぶ機会がある人は、役にたつかも😄
ふつーに面白い!
サービスに値段をつけるのは提供者の自由
値段の高さは提供する側の自信の表れでもあるのかなぁ~😊
おもしろい!
勉強になるなあ~。

1時間 2000円の「レンタル彼氏」と1万円の「レンタル彼氏」を呼んで、比べてみました 。
1時間1万円(3000 バーツ)も払うんならタイのゴーゴーボーイの方が楽しめると思う。
海老の殻も剥いてくれるし...🦐

1 時間2000円の「レンタル彼氏」と1万円の「レンタル彼氏」を呼んで、比べてみました
1万円の彼は、相手(お客さん)のニーズに対して、出来る限りの素晴らしいサービスをしている。相手のニーズ をベースに行動するのは営業の基本ですね。
「2000円のホストさん。顔立ちは瞳が大きくイケメンなのですが、どこか薄汚れています。聞くと、家出中でネットカフェに寝泊まりしていて、そこのシャワールームで慌ただしく入浴、、」。>
笑ったのと、プロは凄いんだな、と感心した。
こういう「実験」っぽい記事って読まれるよね。n数少ないからなんとも言えないんだけど、比較したり仮説立てて一次情報とってくるのは価値がある。
すげえ。漠然としたイメージで書かれるモテる男モテない男比較記事じゃなく、金でランク分けされた男のモテ度の違いがはっきり比較でわかる。こりゃ高いほうがいい男だわ。惚れ惚れするなー
プロだなー
値段相応以上の、格差だなぁ
勉強になる。
レンタル彼氏…か。
アリ🤔
ここにモテテクがあると見た
@micanaitoh さんのDANRO記事。

プロは人の心を動かす。

「なんだかあの時、とても大切なことに気がつけたような気がします。」と書かれていますが、

自分もこの記事を通して何か大切なこと気がつけた気がする。

にしても2000円レンタル彼氏のクオリティがスゴい笑
おもろい。
初見で女性にこうまで思わせるナンバーワンホストはやっぱりすごいなぁ…
>2000円と1万円。8000円の差は、びっくりするくらい大きなものでした。どちらとまた会いたいかというと、迷うことなく1万円のホストのほうです。

良いものには理由がある。
自覚の違いかな…

2000円という価格を提供する側がどう感じているか

1万円のサービスではなく、正しく意識をもてば結果としての1万円

知りたいのは1万円彼氏が現在どうおもっているか
逆にこれだけ言える人が羨ましいよどういう人生歩んできたんだよ。

> 店で決められた料金は2000円だけど、別にそれ以上払ってくれてもいいよ。さあ、あなたが妥当だと思った額で、どうぞ!
"レンタル彼氏では「抱きしめ」などのサービスを追加でつけることができる店もあります"

抱きしめ?僕ならいつでも無料で受け付けてますがダメですか?w
清潔感のなさで不快感や拒絶感を与えてしまうと、女性は会話どころじゃなくなるので何を話しても挽回するのはほぼ不可能。

コミュニケーションを成立させるには、安心安全な雰囲気を作ることが前提として必要になるよね。
高ければ良いってもんじゃないけど、高い方が良いのはわかる〜。経験値の差かしら?

でも安い方が可愛くて扱いやすい感じもするけどね🤗こっちはプライドの差かな?不潔は論外だけどね!
「レンタル彼氏」から仕事の本質が見えますね。おもしろい。
心を動かすのって実は思ったより小さなことの積み重ねなんだなって実感する記事
異性の心はまだしも、同性の心ってどうやって動かすのだろう?
おもしろい!>
安かろう悪かろうって言葉、良く意識しています🤔

それでも、安いんだから悪くていいやって思ってしまったらダメです。

価値を上げていかないといけません👏
なかなか面白い体験談だなぁ
プロアマ関係なく、大切なことは相手に対する思いやり。

---
プロじゃないウチから、プロ意識を。
懐に入り込むスキルは、ここにあり。
こういうのをゴミ記事って呼ぶんだ。
覚えとけお前ら。
理由は自分で考えろ。

俺がおかしいと思うなら、とっととフォロー解除しろ。

俺からは以上だ。
資本主義社会のシステムについて考えさせられました。
プロとはなんだろう、というのが、よくわかった気がする記事です。

レンタル彼氏
同情を求めてお金を得るのがプロなのか?
「全体的に小綺麗」
すべてはこの一言にある。
1万円貰おうと思ったら、1万円以上の価値ある仕事をするプロ意識が大事ですね。
これは、ぼくらも気をつけなければいけない。料金以上に満足してもらうサービスを提供できるように。
クソみたいにキモイ記事だったわ
面白い実験。人が提供できる価値は違う。

1時間2000円の「レンタル彼氏」と1万円の「レンタル彼氏」を呼んで、比べてみました。
外見で勝負の9割は決まる。内面も外見に多いに反映されるから。1時間2000円の彼は何を提供しようとしたのかすらわからない。。
心を動かすものには高いお金を払ってもいい。いや、ほんと勉強になりました。
プロは人の心を動かす。これだね!
この実験おもろいな〜笑
面白い記事。
これ仕事にも同じことが言えるね。
なんだかつらくなりました
「爪と爪の間」ってどこだろうと気になって仕方ない
この記事読む限り、時給2000円のダメだった所は爪。

恐ろしいのは、本人が敗因を自覚できないこと。きっと本人はトークがダメだったとか、女の見る目がなかったとか思うんだろうな。

ナンパ活動もそれと似たようなことが起きている。
面白かった。清潔感が第一ってことなんやな。
文句無しの面白くてタメになる記事。モテる極意が詰まってる。色々タメになる笑
面白い!!>1時間2000円の「レンタル彼氏」と1万円の「レンタル彼氏」を呼んで、比べてみました:2000円と1万円。8000円の差は、びっくりするくらい大きなものでした。どちらとまた会いたいかというと、迷うことなく1万円のホストのほうです。
素敵な体験記事ですね〜。レンタル彼氏は正当なサービスだと誕生した時から思ってる。後ろめたい気持ちなんていらないし、利用者も増えてる。女性側の方がほんと、上手にレンタル彼氏使う。その反面、レンタル彼女をガチで口説く男性陣が多いと風の噂で(笑)
これ面白かった。納得の値段の差ですわ *
良いなあ「こういうことやってみたかった」に火を付ける記事。
技術を売り物にするボクの仕事にも通じます。
何気に興味深い記事かも。高い対価でも客が納得できるようなサービスを提供できるのが「プロ」だね
まあ、売れる人は売れるだけの理由があるよね。営業とかもそう。
面白かった
怖っ…😱
私はどっちも無理だわ(笑)
爪が黒いのは引かないけどってコメント見たけど気持ちの問題が大事ってやつ。
こういうのにもプロの差は出るんだなぁ。やはり安いものはそれなり。
このサービスいいなー応援したくなると単価が上がるよね
これは!ナンバーワンの仕事を目の当たりにできる高貴な遊び方。
【 :DANRO(ダンロ)】 『プロは、人の心を動かすんですね。そして人は、心を動かされたものに対しては、高いお金を支払ってもいいと思えるんですね』これな。わかる。
わかりやすくて、深い記事だ。。
どんな仕事にも通じるものがあるかも。
レンタル彼氏よりレンタル夫が気になる今日この頃(笑)

「人」が提供するものはエンターテイメント性が必要になってく、それが出来ないなら要らないってことかー
シンプルで面白い記事だった。
消費者がモノだけでなくサービスも求めるようになった現代社会。サービスに質を求めるなら相応の報酬が必要ということを最も伝えたかったのだろう。
同時に呼んで比べるっていかれてないですか?ww
でも妙に納得
安くて質がいいのが一番だけど、やっぱりいいものにはそれなりの対価が必要なんだよね。デザインも一緒。
面白い。そしてレンタ彼を見ねば←途中な人
そんなに期待しないで読んだら、いい記事だった。
非常に読みやすい記事(˘ω˘)
おもしろい
プロは人の心を動かし、そうして心動かされた人は、それに対価を支払っても良いと思える……推しに貢ぐわいらやん。
いいね。人は安いから買うわけじゃなくて欲しいから買うというシンプルな結論。だからビジネスは何が欲しいかを見つけることに全力を注ぐ必要があるのだ。
どんな人だったんだろう。写真で比べて見てみたいなーーー!
面白いし、気をつけなきゃなって思う記事でした。イライラしとったの忘れたわ。
この記事おもしろ勉強になった!
いろんなものがある時代やな
こういうの面白くてすきです。
これはすごいわw
1万か、、、
最後ちょっとゾクっとした
「プロは人の心を動かすし、人は心を動かされたものには高いお金を支払ってもいいと思える」ってなんにでも言えるよなぁ。
良コラム
もっと見る (残り約86件)

記事本文: 1時間2000円の「レンタル彼氏」と1万円の「レンタル彼氏」を呼んで、比べてみました :DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア