立憲民主・代表選「浮動票はたった4」「公開討論会は逆効果」の声 史上稀に見る大混戦で各社の情勢予想が進まない理由 | デイリー新潮

立憲民主党の代表選は盛り上がりに欠けたまま11月30日の投開票を迎えそうだ。…

ツイッターのコメント(10)

[立憲民主党代表選] 史上稀に見る大混戦 - デイリー新潮

4候補より枝野幸男が断然エエな 総選挙結果から降板やむなしとなったが、本気で政権交代に臨むなら枝野政権一択 …強いて挙げれば枝野政策を継げる候補、選挙に向け野党共闘組める候補 1に逢坂誠二、二に西村智奈美だ
※結局、立憲共産党か。
立憲共産党の代表は誰になったの❓
って思ったら…代表選は明日だった💦

なんか可哀想なくらい盛り上がってないね😱
立憲民主党代表選、史上稀に見る大混戦で各社の情勢予想が進まない理由。新代表に選ばれた人が神経を使うのは共産党との関係をどうするか。支持母体の連合は共闘へのアレルギーが相当強い。詰まる所、与党のスキャンダルの追い風待ちでしか来る参院選での勝機は無さそうです。
いよいよ明日決まるのか~全く興味ない
スローガン空回りで
反日左翼マスコミ支援が頼りで
政権担当能力の無い党が
野党第一党という不幸…
却って不安になりました
正直な気持ちだ

立憲は元々バラバラなんですね議員達が

危機は分かっていても一体になれない

つまり余程のカリスマが出ない限り纏まらない

今回論戦にすらならない
候補者は皆連合と議員らに忖度し

小川淳也に期待したが
準備不足?力不足?
「先の衆院選での惨敗を教訓に…」などと何気に「惨敗」ムードを印象操作するマスコミもマスコミだが、この代表選自体がそのムード作りに抵抗するのではなく、一役買ってしまっているだらしなさが情けない。
の代表選は盛り上がりに欠けたまま11月30日の投開票を迎えそうだ。いずれもが過半数に達せず、決選投票が濃厚となっている――
以上
 
PR
PR