「二階俊博」失脚で放り出される3人の二階派議員 あのサラブレッド三世も流浪の民に | デイリー新潮

陰の総理と呼ばれ、5年にわたって自民党幹事長として暗躍した二階俊博が失脚した。…

ツイッターのコメント(23)

なるほど…そういう「裏」があるのね⁉️
サラブレッドって馬じゃあるまいし政治に血筋は関係ない
ついでに言えば学歴も実務面は官僚が助けてくれるからそれほど関係ない
一番必要なのは日本を良くしようという志しだ
細野はたぶん勝つだろう、何しろ政治家にしては無駄に男前で選挙に強い。こちらの選挙区は三原朝彦VS.緒方林太郎だろう。両方とも勝ったり負けたりでいつも楽しませてくれる。
二階の力が弱まって当てにしていた長島や細野がとばっちりという趣旨はわかるが、タイトルに無理くり感ある記事。なにより、最後の三行のハンパない取ってつけた感に盛大にずっこける/ :新潮
3人ともおさらばねBye-bye
小選挙区で勝ち上がってこいよ(笑)
沈没で算段狂ったのは、なにも中曽根、長島、細野豪志の3人だけじゃない。冷や冷やドキドキの議員はもっと多いはず。この際、志帥会を解散した方がいいんじゃないか❓️😅
自民党が駄目だと言う人間が自民党に入り改革するを歓迎。多数になり改革実現して欲しい。と思う国民もいる。
どうするんだろ?あっちこっち行きまくって最後に行き場を無くして、はい、サヨナラってね。信念のない奴は要らないわな。
権力闘争の末、総理大臣に
なったところで派閥に忖度
しまくって、挙げ句何一つ
政策も実現しないバカ総理
の謗りを受け、何とか椅子
に座らせてもらうだけ…
何が楽しいのかねぇ???
バカとブスは自民党に行け‼️
・中曽根康隆
・長島昭久(元民主党)
・細野豪志(元民主党)
「民主党から希望の党、無所属を経て自民党入りを目指す姿に地元での評価は芳しくなく…」🤣
 
PR
PR