交通事故を起こした「群馬県警本部長」は「工藤会」と対峙した将来の警察庁長官候補 | デイリー新潮

群馬県警の千代延晃平(ちよのぶ・こうへい)本部長が運転するクルマが男性と接触し、男性が軽傷を負う事故が起きた。…

ツイッターのコメント(11)

警察官として、当たり前の対応だが、全国の警察官が150件以上も犯罪や不祥事が今年、相次ぐ中
このは敏速な対応は評価出来る事案だろうね!!
地方県警本部長が惹起させた交通事故❗事故後の対応を評価するコメントもあるが当たり前の処置の筈❗やはりトップの行動は衆目の的になるのだな❗キャリアにキズ無しかな⁉️
>警察庁警備局の警備1課長、警備企画課長などを歴任

警察庁じゃなくて警視庁警備部の警備一課なんですが。こんな基本的なとこ間違える記事が信用できるとでも思ってんのか
やはり立派な方でした。
ニュースの報じ方をメディアは深く深く考えてください。

->
事故対応で普通の事をしてるのにニュースになるんだね。
「ちなみに奥さんは栃木県警捜査2課長時代に知り合った全国紙の記者」と。

守秘義務がある人とその人から情報を得たい人が結婚して一緒に暮らすって大変でもないのかしらね。
★ここで言う反社会的勢力とはそも何か?
有体に言えば〇日系893の事であり、それに繋がる宗教団体の事でもある。しかも米国で7千万人の福音派の傘下?だ。世界の縮図がここにもあるのだ…
#暴力団に似てくるのか
群馬県警本部長が運転するクルマが男性と接触し、男性が軽傷を負う事故が起きた。

この本部長は、と対峙した福岡県警の暴力団対策部長で、将来の警察庁長官候補なのだという――
事故後の対応が良い。事故はあってはならないが可能性はある。問題は事故後の対応。
町の権力者には、違反揉み消しで恩を売り、権力者に頼まれ一般人を冤罪で破滅させてきた警察も、誰もがカメラを携帯する社会にはお手上げで揉み消しも難しい😀
以上
 
PR
PR