中国「ウイグル人根絶計画」に沈黙の日本、国会の動きは 法整備が進めば中国に対する入国拒否、資産凍結が可能に | デイリー新潮

中国による“ウイグル弾圧”は国際社会の重大事案だが、日本政府はさほど問題視するふうもない。…

ツイッターのコメント(17)

立憲民主党・松原 仁 氏
「ジェノサイド認定しているのは米国、他にカナダとオランダは議会で決議し、英国も上院が可決しようとしている。こうした国際的な潮流を考えれば、日本も国会でジェノサイド認定を決議し、政府を動かす事が大事です」

邪魔するなよ、二階俊博👊🏻💢
と思う方はリツイート‼️‼️
😊💢
中谷氏「人権弾圧制裁法である『マグニツキー法』日本版の国会決議、または議員立法を目指しています。実現すれば、人権弾圧を行う国に対する入国拒否や…」
ウイグルの武装組織は中国国内でテロ活動するから、香港同様弾圧対象になる。中共はとにかく好戦的。やらないと自分たちがやられると思っているから。
中国「ウイグル人根絶計画」に沈黙の日本、国会の動きは?人権弾圧制裁法『マグニツキー法』日本版が実現すれば人権弾圧を行う国への入国拒否や資産凍結、テロリスト指定が可能になる。米加EUが制裁に動き始めていますがG7の国でマグニツキー法を整備していないのは日本だけ。
天安門を繰り返すな!
残念だが、与党は二階と公明党の反対でアウトだし、野党も
政府責任の追及は、週刊文春に載らないとできないし、日本は、何もできない国となるね⁉️🥺
法整備が進めば中国に対する入国拒否、資産凍結が可能に(デイリー新潮)
やはり2回はどうにかしないと
世界がウイグル問題に注目しているのに
日本のメディアはどうでも良いニュースばかりでは
政治かも動かぬ…。
日本が欧米側に付かないという選択は取れるわけがないので、徒に時間をかけるのは印象が悪くなるだけの悪手だと思うけどな。
衝突を回避する方法なぞ日本は持ち合わせていない
中国による“ウイグル弾圧”は国際社会の重大事案だが、日本政府はさほど問題視するふうもない。そうした中、ウイグル人への弾圧を描いた漫画本が、異例の売れ行きを記録している。
簡単に言えばウイグル問題は対中カードとしては大きいカード。
2回は書かない。
ナチスのユダヤ人虐殺に匹敵する残虐非道の暴挙だろう。
政府は習近平ジェノサイド認定が何故できないのか?
二階公明党は手を貸すのか?😈
他国のジェノサイドを放置する事は自国のジェノサイドを容認する事だ😈

中国ウイグル人根絶計画に沈黙の日本国会の動きは法整備が進めば中国に対する入国拒否資産凍結が可能に
以上
 
PR
PR