TOP > その他のニュース > 韓国で「反日不買」の標的だった「ユニクロ」 「+J」発売狂騒に見る「No Japan」の終わり | デイリー新潮

韓国で「反日不買」の標的だった「ユニクロ」 「+J」発売狂騒に見る「No Japan」の終わり | デイリー新潮

26コメント 2020-11-16 15:23  デイリー新潮

昨年8月に「反日不買」が始まってから1年が過ぎ、韓国ではそれに対するフラストレーションが溜まりに溜まっている。…

ツイッターのコメント(26)

どうこうなど、どっちも勝手にしてくれていいから、イチイチわざわざ報告など見たくも聞きたくもない、全て何故だか不愉快になるから、とか。🙀😓
韓国通の人なら誰でも知っている。韓国は化粧品・アパレルの宝庫、レクサスなんかなくてもヨーロッパを初めて高級車はたくさんある。
素晴らしい流れやー!!人種なんぞ捨てて便利な物は使わないとー!歴史はあると思うけど韓国文化だって捨てたもんやないし、、、日本の文化にももっと親しんで欲しい
≫日本ではウイグル人権問題の噂でユニクロ敬遠か?と思いきや、、、やはり長蛇らしかった。つーかネットの中での不確かな情報なので仕方ないか。
不売運動すりゃいいのに
やはりどこの国も年寄りが硬いんだろうなぁ
┐(´д`)┌ヤレヤレ
どこまでも笑わせてくれますね(笑)
+J。。。w


2020年11月16日掲載
何この作文屋ウソ書いてんだ?勘違いさせる作文書くな?
韓国人は本当に、アホか?
韓国人は自分の直接の利益になること以外には個人の意識というのが希薄だから容易く集団意識に乗ってしまう。日本の場合、個人の意思がハッキリしているのでデモをやろうにも人は集まらない。
なるほど… 反日不買は左派政権が無理くり作った幻想的になりつつあるのか… これはまた大統領の悲惨な末路になるいつものパターンか 韓国は

文政権が音頭を取って進めたこの政策・運動が逆に韓国国民を追い詰めたことはかねて触れてきた通りだ
韓国で反日不買の標的だったユニクロ。ジル・サンダー監修による Japan」の終わり。文政権が進めた運動が逆に韓国国民を追い詰めた。コンテンツの力やアイデア、商品のパワーを前に、いかに無力で過ちだったかを知る時がきているのかも知れない。
「一人不買運動」を展開って

爆笑‼️

あのー
このまま続けてもいいんですよ❗️
ていうか、続けて欲しんですけど。
あつ森からプレステ5、そしてユニクロデザイナーコラボ商品に長蛇の列を作り、最後尾は駅に到達。

日本では韓国製品不買等一切なし!
ただ不信感があるから買わず
あらら。もっと先鋭的に反日してよ。

ま、そうだろうな。
あとはどうやって恥をかかせるか、だな。
高みの見物だ。
もっとしっかりやれ‼️
ワロタw
「私は会社を経営していますが、若い社員がカシオの時計をしてソニーのイヤホンで音楽聞きながら、日本を批判している姿を見たんですね。さすがにその時は「解雇」の文字さえ頭を横切りましたよ(笑)」
ほんと🐴🦌の国🙄
一貫性がない御都合主義の民族性だからあれだけ熱入れてた日本不買運動も何やらせてもダメ。結局まともに続かず韓国の歴代政権と同じ。
昨年8月に「反日不買」が始まってから1年が過ぎ、韓国ではそれに対するフラストレーションが溜まっている。まさに、笛吹けども踊らず。日本の製品なしには生活は立ち行かないがゆえに、選択的な反日不買を国民は自主的に行ってきたが、それも限界に達している。
断交が、一日でも早く実現しますように。
こういう話を聞く度に、文政権は共産化を目指しているんだと思うね。
国民がそれに従うかどうかは、文が北に国を売る手続きに着手した時にわかるかも。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR