TOP > その他のニュース > 立憲民主党「石川大我参院議員」が政治ジャーナリストから名誉棄損で訴えられていた | デイリー新潮

立憲民主党「石川大我参院議員」が政治ジャーナリストから名誉棄損で訴えられていた | デイリー新潮

立憲民主党の石川大我参院議員は、今年7月の参院選挙で比例代表から出馬して、初当選を果たした新人である。…...

ツイッターのコメント(19)

運転中のつぶやき程度のことでこんなもめ事まで発展させてるんだから、“LGBT”の人達が「気持ち悪い」って言われても「しかたない」よね。
政治ジャーナリストって、ひょっとしてあの人かも。。
立憲民主党「石川大我参院議員」が政治ジャーナリストから名誉棄損で訴えられていた(デイリー新潮)
LGBTの権利のためなら強硬手段も辞さないって一番面倒かつ触っちゃいけないパターンの人間や…
原口一博さん、この件に関してはどう思われますか?  @newsevery
記事を読んだが、石川議員が原告を名誉毀損したとは思われない。むしろ原告がタクシー運転手の侮蔑的発言に同調してる方がおかしいと思います。裁判所はどう判断しますかね?→
あらあら、有罪なら速やかに議員辞職して頂きたいものです。
>「名誉棄損で訴えられたことは事実ですが、なんで裁判になるんだろうというのが正直な感想ですね」
全部身から出たさびなのにね、逆恨みもイーところ。
このやり取りツイッターで見てたけど、こんなことになってたのか…
ジャーナリストだったらもうちょっと言葉選べばいいのに。
いろいろ大変やなぁ・・・w
差別の当り屋にして思想統制主義者の石川大我先生、訴えられてたんだ。

@CDP2017
宮崎信行、珍しく(人生初かも?)、取材される側で、記事に登場しました。蛇足ですが記事に出てくる「15日の演説」は週刊新潮の記者さんも聞いていたそうです。記事中にそのことをわざわざ言及はしておらず。レガシーメディアさんの取材の丁寧さを感じました。感想です。
あら、新宿二丁目でタクシー運転手が「気持ち悪い」と言ったアレが裁判沙汰になってたのか。「人権教育研修」を受けさせるという私刑をやったアレね。
これ争点がよく分かりません。同性婚は時期尚早。日本は未だそこまで成熟してない。この運転手のような感情が起きないよう我々の理解と啓蒙活動を深めていくことこそ肝要。

立憲民主党「石川大我参院議員」が政治ジャーナリストから名誉棄損で訴えられていた(デイリー新潮)
党が党だけに他人の名誉を毀損することなど屁の河童。
反日政党の一角、立憲民主党「石川大我参院議員」が政治ジャーナリストから名誉棄損で訴えられていた‼️

→立憲民主党公認国会議員の大半は🇯🇵日本国及び、日本人にとって有害な税金泥棒が多い💢

詳細↓ 新潮メディア版
10/3(木) 11:00a.m. 配信
使えない日本の政治ジャーナリストと立憲のやり合い
必要な差別撤廃は進めなければならないが、LGBT を名乗れば何でも押し通せるような逆差別にも私は反対する。
立憲民主党「参院議員」が政治ジャーナリストから名誉棄損で訴えられていた

今年の参院選挙で初当選を果たした立憲民主党の石川大我参院議員。実は、参院選の期間中、ある から名誉棄損で訴えられていたという。2人の間に何があったのか?
以上
 

いま話題のニュース

PR