少年野球「上手な選手からつぶれていく」現象は一体なぜ起こるのか | デイリー新潮

「今の時代、子どもたちは、どっぷり野球漬けになるか、いっさい野球に触れないままか、ふたつにひとつなんですよね(笑)」——。…

ツイッターのコメント(36)

@hatty1145 すいません、リンク切れでしたね😅

こちらでお願いします
捕球の練習のスタート地点がボール逃げることからってのはとても面白い
デイリー新潮に掲載された筑波大の川村先生のインタビュー記事です。
いまいち内容が理解できなかった。

Discover(Google)から
やっぱり段階的指導とか、そのスポーツを好きであること、意図ある失敗・敗戦を許容して進むこととかは大事だなと再確認。最後のやつは出来てるから1つ目2つ目を自分の中でもっと極めていきたいな。
野球肘などの怪我は小中学生の酷使が原因で起こっていることがほとんど、それぞれのステージ単体ではなく選手の段階的な成長をそれぞれの指導者が考えられるかどうか、、、
少年野球「上手な選手からつぶれていく」現象は一体なぜ起こるのか(デイリー新潮)
勝利至上主義<楽しい

みたいな論調のコメントは多いですが、それだけでは人が集まらない現状にも問題がある。

強いチームの方が人が集まるんだから、チームを運営する側はそりゃあ・・・
僕らは選手の成長を予測して指導します。全体的には24、5歳くらいで花が開くイメージです。心身ともに充実するのがそのあたり。それまではずっと成長です。その前のどこかで伸ばしすぎてしまうと、成長が終わってしまうんです」
いやあこれは面白いですよ。っていうかこれじゃ子供に野球やらせようという気にはならないわな
野球も段階的な指導がはやく体系化されるといいな。
 
PR