TOP > その他のニュース > 「赤旗」100万部割れで異例の声明 共産党が陳腐な理由で政党交付金を拒否した悲劇 | デイリー新潮

「赤旗」100万部割れで異例の声明 共産党が陳腐な理由で政党交付金を拒否した悲劇 | デイリー新潮

22コメント 登録日時:2019-09-17 08:18 | デイリー新潮キャッシュ

共産党の生命線ともいえる機関紙「しんぶん赤旗」が、8月1日の時点で100万部を割りこんだ。…...

Twitterのコメント(22)

非合法化されるのと自然消滅するのとどちらが早いか? :
だから駐車料金を誤魔化したり、募金を流用するとかセコい事してるのか。もう自然消滅したら❓
自由主義国家の日本に反社会的テロリスト集団の社会主義も共産主義も要らないよね はっきり言うとダサいんだよ(´・_・`)
社会主義を捨てて、緑の党になるタイミングを失った。それが響いてる。どうなるやら。
党員30万。日刊赤旗実質発行部数18万。これは苦しい。今更政党交付金頂戴!とも言えず…
さしものにっぽん共産党も社民と同じ末路か。
好ましい事だ。
党員の高齢化が進んでいるなら、日刊紙の電子化をしても収入は増えなさそう。 /
まあ、そもそも共産主義の大元のマルクス自身、とんでもないドクズだったわけだしなー。単なる思考実験(つまりはただの与太話)を真に受けたらダメだという話さね……
合併して、れいわ共産党として党勢拡大すればいいのに・・・(´・ω・)
政党助成金を拒否する理由として日本共産党が挙げている「思想・信条の自由の侵害」は、新潮にとっては「陳腐な理由」らしい。つまり、新潮は「思想・信条の自由」は侵害しても大したことではないと考えているということだ。
共産党の高齢化。

--1990年に50万人近くいた党員は、今は30万人を切っています。平均年齢は60歳から70歳くらい--
党員が30万人なのに対し、日刊紙が18万部。ということは、党員の半数近くは赤旗を読んでいないということになる。
政党交付金は、国民1人あたり年間250円で額が決まります。赤ちゃんとか選挙権のない人も広く含めるので、これは思想と信条の自由に反し、違憲と主張…は決して陳腐ではない
今からでも貰うべきだ。→
共産党は存続の危機に立たされてるのだな!
そのうち❍商の情報を元に節税と称した❍税を手引きしてた零細企業を脅して党員維持しようとするんじゃないかな? /
共産党に未来は無いでしょう。
このまま消えていくのを待つだけです。
金回りの良さそうな党員に、2部購読させるとかしそうだな。
みんなネットである程度調べられる時代になったわけだし、忙しいから全部は見らんない。
それと、明らかに、
見てて辛い。

もう良いんじゃない?
そもそも共産党なんて代物自体が、カルト宗教にすらなり損ねた前世紀の遺物ですけどね…華々しく潰れる事もなく、いつの間にか乾いて消えてくべき存在でしょう。
まだ赤旗を買っている人がいることが驚き。
有害なものを売りつけて庶民の生活を苦しめてるのは共産党では?
学校で買ってる所がまだあるんだ。
デジタル有料版があれば、課金して読みたい人いると思う。
資本主義はオワコン!市場原理主義反対!をして欲しい人は現在いると思う。
「困った時の共産党」が困ってたら困る…
憲法制定されるときに、政党として唯一9条反対したのに20年以上前に方針転換して護憲派に変わったのだから、正当交付金拒否も止めるんじゃないの?〉〉
以上

記事本文: 「赤旗」100万部割れで異例の声明 共産党が陳腐な理由で政党交付金を拒否した悲劇 | デイリー新潮

関連記事