TOP > その他のニュース > 滝沢カレン、最愛の母を亡くしていた おバカキャラの裏の気丈さ | デイリー新潮

滝沢カレン、最愛の母を亡くしていた おバカキャラの裏の気丈さ | デイリー新潮

19コメント 2019-08-06 17:03  デイリー新潮

滝沢カレン(27)といえば、その独特の日本語センスでバラエティ番組にひっぱりだこの存在である。…

ツイッターのコメント(19)

「心中お察しします」
ずっと、「いつものキャラ」で通していた・・・
えー!
じゃあもう1人になっちゃったじゃん!
頑張り屋さん…
>「昨年7月、滝沢さんのお母さんはがんで亡くなっているんです」

享年56...
バラエティ番組ではそんな様子は微塵も見せていなかったから凄いわ…プロだなぁ
同じ境遇で頑張ってんだね
演技ではなく俺はバカだけど
元気しか取り柄ないから
お袋には悪いけど落ち込めない
そこはキャラだから
親亡くすって人生で一番悲しい事かもしんない
経験してそう思ったな
前にお母さんと2人の旅行をインスタにあげてて、すごくお母さんへの愛情が伝わる感じで良かったんだけどご病気だったんだね😢切ないな...
苦労人なんだね。母子家庭で母親が亡くなったら、辛いだろうに。結婚して、家庭を築いてほしい。
>ウクライナ人の父親と日本人の母とのハーフである滝沢は、彼女の幼少期に両親が離婚し、以来、母子家庭で育ってきた。
こういう方が本当に素敵な方だと感じました。普段どんな感じかよくわからないけど、ファンになりました。
松之丞カレンの反省だ終わってかなC。秋にSPあるらしいけど。ふっかつしてー: | デイリー新潮
あぁ、辛い…涙が出てしまった…
賢い人やと思ってたけど、本当に立派なお嬢さんやわ
滝沢カレン、母親をがんで亡くしていた「キャラ」を通す心の強さ
、最愛の母を亡くしていた 

滝沢カレンといえば、その独特の日本語センスでバラエティ番組にひっぱりだこ。時に“おバカキャラ”としても売る彼女だが、同時に、最愛の母との別れを秘して“キャラ”を通す、心の強さの持ち主でもあった
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR