TOP > その他のニュース > ソ連の北方領土不法占拠に暗躍したスパイ 丸山穂高議員の知らない近代史 | デイリー新潮

ソ連の北方領土不法占拠に暗躍したスパイ 丸山穂高議員の知らない近代史 | デイリー新潮

13コメント 登録日時:2019-05-18 10:03 | デイリー新潮キャッシュ

北方領土を「戦争」で取り戻す可能性について、元島民に質問をした丸山穂高衆議院議員への批判が高まっている。…...

ツイッターのコメント(13)

>ヤルタ到着後、ルーズヴェルトは会議場に行く途上で周辺が荒れ果てているのに気付いて「なぜクリミアはこうも荒廃しているのか」と尋ねた。
>スターリンが「ドイツ軍によるものだ」と答えると「ではドイツ軍将校を5万人ほど処刑しよう」と提案している。
単なる都市伝説かどうか、自分で確認する作業は必要だろうね→ソ連の北方領土不法占拠に暗躍したスパイ
かって、ルーズベルト大統領はソ連に対日戦線の千島樺太、満州へ侵行を促した→
既に何度も聞いた話ではあるが、インテリジェンスが国の明日をも左右するということ。丸山議員の戦争でどうこうという発言は意味なし。
これが、勝てると解ってる国、勝つ必要がある国に敗戦すると、どうなるかっていうことだな。
イマノニホンニモ、ドコゾノスパイガハイリコンデイテ、セイジカヲムノウニスルコウサクヲシテイルノデハナイカw。 >ソ連の北方領土不法占拠に暗躍したスパイ
ルーズベルト大統領の異常な性格とヒスというスパイの暗躍による。
緻密な分析の上に書かれた文章です。参考になります
日本が戦後「固有の領土」を失ったのは米ソの陰謀だと言わんばかりの「週刊新潮」の記事。日本が愚かしい戦争を始めたことへの言及も反省も一切なし。そんなに憎いアメリカに追従するしか能のない安倍への批判も一切ない。
ソ連の北方領土不法占拠に暗躍したスパイ  タイトルがいやらしいけど内容は面白い。
アメリカ国務省はハリマン大使とスターリンの間で話し合われた千島列島全体の引き渡しに問題がないかどうか調査している。その結果、北方四島は、歴史的にも住民の実態からも北海道の一部なので、ソ連への引き渡し対象からは除外すべきだと結論しているのだ。

⁉️
以上

記事本文: ソ連の北方領土不法占拠に暗躍したスパイ 丸山穂高議員の知らない近代史 | デイリー新潮

いま話題の記事